産後の抜け毛はどう防ぐ?気になる予防と育毛法はコチラ!!


妊娠中は全然気にならなかったのに、赤ちゃんを産んでからどうも抜け毛が多いような気がする・・・という方はおられませんか?

これは「産後脱毛症」や「分娩後脱毛症」とよばれており、統計によるとママの約70%もが経験される悩みとなっています。

お風呂の排水溝やブラッシングのクシが髪の毛でびっしり真っ黒になっていたら誰でも驚かれることでしょう。
よく育児本や子育てサイトによると、『自然現象なので考え過ぎないこと』と表現されていたりもします。

しかしながら今日は、「それでもやっぱり気になるよ!」というママのために抜け毛の原因と対処法を色々と調べてきました。

スポンサードリンク




産後の抜け毛はなぜ起こる?

これは医学的にみて女性ホルモンの増減が主な原因とされています。

簡単に説明しますと、妊娠中には女性ホルモンの一種であるプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)が増加します。

この2つのホルモンの影響で、髪の毛は通常時(妊娠されていない時)よりも抜けにくくなるのです。
そして出産を機に今度はこれらの女性ホルモンが激減してしまうため、妊娠中に抜けなかった分も含めて一気に抜けるケースが多くなります。

ちなみに女性ホルモンの減少以外にも

  • 睡眠不足
  • 生活リズムの変化
  • 食事(栄養)の偏り
  • 精神的ストレス

といった様々な抜け毛の原因が考えられます。
まず、育児中は赤ちゃんの夜泣きや不規則な生活リズムで多くのママが睡眠不足になります。

加えてなかなかしっかりとした料理を作る時間がなく、ついインスタント食品やお菓子などの間食に頼ってしまうと食事のバランスが崩れます。

さらに慣れない育児や夫への不満、そしてすでに始まっている抜け毛に対するストレスが蓄積されていきます。

抜け毛 → 気になる → 不安 → ストレス → 抜け毛 → 繰り返し・・・という悪循環に陥りやすいのはこのためです。

余談になりますが、髪の毛だけでなく「脚や腕などの体毛」も同じような変化がみられる場合もあります。
妊娠中に何だか毛深くなったような気がしてたのに、出産後はいつの間にか元通りになっていたという友人もおりました。

086946

母乳育児だと抜け毛になりやすい?

産後の抜け毛の直接的な原因は女性ホルモンにありますが、統計によると母乳育児をされているママに抜け毛が起こりやすくなっています。

その原因の1つとして、「母乳にママの栄養やエネルギーを取られる」というのがあります。
ご存知のとおり、母乳はママの血液から作られています。
そうなると必然的にミルク育児の方よりたくさんの栄養が必要になります。

しかしながらママの食事が偏ったり不規則になると、この栄養補給がうまくいかなくなってしまいます。
その結果、ママの髪の毛や頭皮に栄養が不足して抜け毛に繋がってしまうのです。

また、相対的にみて母乳はミルクよりも「腹持ち」が悪いとされています。
そのため母乳育児の場合には夜中に赤ちゃんが空腹で目覚めてしまい、ママが起こされる可能性が高まって寝不足の原因になります。

スポンサードリンク





抜け毛が増えるのはいつからいつまで?

次に抜け毛に関する時期的なものをみていきましょう。
産後の抜け毛は一般的に、出産直後~2ヶ月目あたりから始まり産後6ヶ月~1年の間には元に戻るといわれています。

つまり個人差は多少ありますが、特定の疾患やもともとの体質でなければ出産後の時間が解決してくれるのです。

上の原因の項目でも説明しましたが、出産後のホルモンバランスの影響で抜けた髪に対して「新しい髪の生産」が追い付いていないだけなのです。

もし、出産後1年半を過ぎても抜け毛がおさまらなかったり髪のボリュームが明らかに減ったままの場合には皮膚科を受診して先生に相談された方が良いでしょう。

おススメの抜け毛対策は?

原因や時期的なものが分かりましたので、いよいよ具体的な対策について検討してみます。
抜け毛は「自然現象」であり「生理的」なものとして割り切られるママでしたら良いのですが、大半の方はやはり気になって何かしらの対策をしたいとお考えでしょう。

抜け毛の予防と対策としては

  • 睡眠時間の確保
  • バランスの良い食事
  • ストレスを溜めない

の3点が基本になります。
これら書くのは簡単ですが、実際にやってみると完璧にこなすのは至難の業といっても過言ではありません。

すでに経験されていることと思いますが、赤ちゃん中心の育児生活において睡眠時間を確保しつつバランスの良い食事を摂り、ストレスを溜めないのはほぼ不可能なのです。

ましてや「質の良い睡眠」などというものは、とれる日の方が奇跡的です。

もしかすると信頼のおけるベビーシッターさんを頼んでいたり、夫が在宅で家事育児全般を何でもやってくれる家庭なら可能かもしれません。

参考までに抜け毛を防ぐ効果が期待できる食品とは

  • カルシウム(牛乳・チーズ・小魚)
  • タンパク質(肉・卵・大豆)
  • ビタミンB群(マグロ・豚肉・レバー)
  • 鉄分や亜鉛(ワカメ・ヒジキ・ほうれん草)

などが挙げられます。
可能な限り料理に取り入れて、バランスの良い食事をおススメします。

時間的余裕がない場合には?

やはり問題はここではないでしょうか。
いくらおススメで良い方法があったとしても、ハードルが高く継続困難では意味がありません。
何事においてもそうですが「3日坊主」にならないためにも、できるだけ簡単な手段で抜け毛を防ぎたいところです。

私があれこれ探したものの中で、比較的気軽に続けられそうなものがありましたので紹介しておきます。

葉酸サプリや酵素ドリンクでも有名なベルタブランドから出ている育毛剤がこちらです。
秋野暢子さん絶賛 【ベルタ育毛剤】

テレビや雑誌といった各種メディアにも特集が組まれるなどの人気で、多くの方々の注目を集めています。

実は私も正直なところ「育毛剤なんて中年のオジサンみたい・・・」というイメージがありました。
しかし、このベルタ育毛剤はそんな私の偏見を見事に打ち破ってくれました。

089121

まとめと私の体験談

昔から『髪は女性のいのち』とも呼ばれている大切なものです。
出産という大仕事をこなされた女性の身体には、様々な変化が訪れます。

産後は抜け毛に限らず体型や生活習慣なども変わり、とにかく妊娠前や妊娠中から比べると格段に忙しくなる時期でもあります。

そんな大変な時期に色んな事を全て完璧にこなそうとしていては、それこそ身体がもちません。
食事改善や生活習慣の見直しで何とかなりそうな方はそちらで、難しい方は便利な育毛剤などに頼ってみるのはいかがでしょうか?

大切なのは、無理なくご自身に合った方法で抜け毛対策を考えることです。
それが結果的にはママだけでなく、肝心の赤ちゃんのためにもなります。

私も同じく子供を持つ親の1人として、貴女の育児を応援しています!

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA