赤ちゃんにピーナッツはいつから?アレルギーと誤飲に要注意?


おやつやお酒のつまみとしても美味しいピーナッツ(落花生)ですが、小さな赤ちゃんには与えない方が良いのでしょうか?
ちなみにピーナッツは別名を南京豆(なんきんまめ)、方言では地豆(ぢまめ)、唐人豆(とうじんまめ)などと呼ばれています。

私自身も大好きなピーナッツですが、この前食べていてふと気になったことがありました。

  • 赤ちゃんにはいつからあげても良いのか?
  • 喉に詰まったりしないだろうか?
  • よくアレルギーが出やすいと聞くけど?

などなど、私は一度気になると自分が納得するまで調べたくなる性格です。
せっかくですので、同じように疑問に思われた方のためにも調査した結果を報告したいと思います。

毎日育児で忙しい皆さんのお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク




赤ちゃんにピーナッツはいつから?

私がまず気になったのはこの「開始時期」についてでした。
多くの育児本や離乳食のレシピを紹介しているサイトによりますと、ピーナッツは一般的に3歳頃までは与えない方が良いとされています。

その理由としては大きく分けて3つあります。

  • 誤飲による喉詰めの危険がある
  • 重度のアレルギー症状を引き起こす場合がある
  • 赤ちゃんの体内では消化されにくい

どれも重要な点になりますので、それぞれ項目を分けて説明していきます。

6d1dc161e0832761fec20b97f371b3be_s

誤飲による喉詰めの危険とは?

ピーナッツはそのやや細長い形状により「スポッ」と気管支に入り込みやすくなっています。
加えて薄皮をむくとツルツルのため、喉の奥に簡単に滑り込んでしまうのです。

さらに、ピーナッツやアーモンドなどの「乾燥した豆類」は体内に入ると水分を吸って多少膨らむ性質があります。
赤ちゃんの狭い喉や気管支に入り込んだままつかえてしまうと、吐き出したり取り除くのが困難になる場合があります。

そしてピーナッツに含まれる油分によって肺炎を引き起こしたり、最悪の場合には窒息して死亡するというケースが全国でみられます。

赤ちゃんがはいはいやつかまり立ちをするようになる時期には、同時に好奇心も旺盛になります。
日頃から経験されていると思いますが、目に見えるものや手に触れられる物は何でもとにかく口に入れてしまいます。

ピーナッツの誤飲・誤嚥の予防策としては

  • 基本的に家に置かない(持ち込まない)
  • パパ・祖父母・親戚・来客などに周知の徹底
  • 上の子がいるならよく言って聞かせておく

お酒を飲まれるパパのおつまみは、赤ちゃんが大きくなるまでは別のものにしてもらいましょう。
あとは無知な人が勝手に与えてしまうという可能性を減らすために、「これくらい分かっているだろう・・・」と思うことでも注意を払っておく方が無難です。

スポンサードリンク





上の子が悪気無しに赤ちゃんに「はい、どうぞ!」としてしまうことも考えられます。

3歳を過ぎてから与える場合でも、ピーナッツを半分に割ってからにしたり子供1人で食べさせないといった安全策を考えておきましょう。

もしピーナッツが喉に詰まってしまったら?

万が一、赤ちゃんがピーナッツを飲み込んで窒息状態に陥ったときにはすぐに救急車を呼びましょう。

そうしてから、背部叩出法(はいぶこうだほう)などによりピーナッツを取り出す努力を試みます。
ただ、逆にピーナッツを奥に押し込んでしまう恐れもあるため、何度やっても取れない場合には無理をせず救急隊に任せた方が良いという意見もあります。

ピーナッツのアレルギーとは?

次にピーナッツのアレルギーについて考えてみましょう。
実はピーナッツは比較的アレルギーが出やすい食品として有名です。

下のリンク先を見てもらえば分かりますが、ピーナッツ(落花生)は食品の中でも最もアレルギーが出やすいとされる7大アレルゲンに分類されています。
(参照:消費者庁 アレルギー表示についてより)

ピーナッツアレルギーの症状は『口腔アレルギー症候群』といって、食べた直後などに口まわりや舌、唇が赤く腫れてくる場合があります。

赤ちゃんによっては、口だけでなく全身に蕁麻疹(じんましん)が出たりするケースもあります。
このようなアレルギー反応には

  • 即時性・・・食後すぐ~30分以内に出る
  • 遅延性・・・食後数時間~数日経ってから出る

というように2つのパターンが存在します。
即時性の場合には原因を特定しやすいのですが、遅延性となると「どの食品がアレルゲンなのかが分からない」ということになります。

さらに怖いのは、呼吸困難や痙攣(けいれん)といった激しいアレルギー症状が起きる場合もあります。

スポンサードリンク





これは『アナフィラキシーショック』といわれ、放っておくと赤ちゃんの生命に関わります。
もし、そのような状態に陥った際には迷わず救急車を呼びましょう。

気になる方は食べさせる前に、皮膚科やアレルギー科のある病院でパッチテストなどの検査を受けることをおススメします。

特にアトピー性皮膚炎や喘息を持っている赤ちゃんの場合には、念のためかかりつけの先生に相談しておく方が良いでしょう。

081377

ピーナッツは消化にもあまり良くない?

ピーナッツは100gで567kcalというかなりの高カロリー食品になり、これはお茶碗約3杯のご飯に相当します。
アレルギーが出ないからといって、与え過ぎると栄養過多になり肥満の原因にもなります。

また、脂質も多く含まれているために赤ちゃんの未発達な胃腸では少量でも消化しきれない場合があります。
同じように食べ過ぎると嘔吐や下痢をしてしまうことが考えられます。

それから加工方法によっては塩分を多く含むものもあります。
特にお酒のつまみなどのピーナッツは、油で揚げた後に食塩が加えられていたりします。

このようにピーナッツは栄養や消化の面からみても、赤ちゃんのうちから与えなくても良い食品といえます。

もっと消化に良くて栄養的にもバランスの取れた食材で離乳食を作ってあげた方が、赤ちゃんのためになるかと思われます。

ピーナッツが含まれている食品とは?

ピーナッツが赤ちゃんにあまり相応しくないということが分かりましたので、次は原材料などに含まれている可能性のある食品を紹介します。

知らず知らずのうちに赤ちゃんの口に入ってしまうことも考えられますので、加工食品の場合には内容表示などをしっかりとチェックしましょう。

スポンサードリンク





ピーナッツではなく「落花生(らっかせい)」と表記されている場合もあります。
下記は原材料にピーナッツが含まれている可能性の高い食品になります。

  • ピーナッツバター
  • ピーナッツクリーム
  • ピーナッツ油
  • ケーキ・菓子パン
  • アイスクリーム・チョコレート
  • クッキー・サブレ
  • せんべい・スナック菓子
  • カレーのルー
  • インスタントラーメン

私も実際にスーパーで加工食品の原材料表示を見て回ったところ、思った以上にピーナッツが使われていました。
食品の風味やコクを出すためにも、ピーナッツの粉末などは定番だそうです。

ちなみにベビーフードなどでは、「7大アレルゲン不使用」などと書かれたレトルト食品があります。
このように記載されていれば安心できます。

【楽天】和野菜のベビーランチ(7大アレルゲン不使用)

アレルギーのテストなどをされてなくて、不安に思われる方にはおススメです。
また、お出掛け先や家族で外食の際などにも重宝します。

まとめと私の体験談

このようにピーナッツの与え始める時期やアレルギーについて調べてみると、結構重要な点が見えてきました。

貴女の大切な赤ちゃんに、もしものことがあっては大変です。
おさらいの意味も込めてまとめになります。

赤ちゃんにピーナッツは?
  • 3歳までは与えない方が無難
  • 3歳を超えても与える際には慎重に
  • 最初は1粒から食べやすくして
  • 喉に詰まったら急いで救急車を
  • 加工食品の原材料に気をつけて
  • アナフィラキシーショックには要注意

といったところでしょうか。

ちなみにアレルギーに関する外国の研究発表において、とても興味深い結果が出ていました。
それは5歳になるまでピーナッツを一切食べなかった子供に比べて、定期的に食べていた子供の方がピーナッツアレルギーを発症しにくい(10分の1以下)というものです。

わが国では基本的に、「アレルギーになりやすい食べ物は開始時期をできるだけ遅らせる」というのが通説となっています。

上記の研究が日本国内でも進めば、ピーナッツアレルギーに関する対処法が変わってくるかもしれません。

ただ現時点においては安易な素人判断や民間療法などは行わず、アレルギーの専門医と相談するのが最善と思われます。

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA