赤ちゃんが熱中症かも?症状と処置のポイントはコレだ!


だんだん気温も上がってきている今日この頃ですが、毎日の育児本当にお疲れ様です。
ところで、いつもなら元気に動き回っている赤ちゃんに何だか元気がない・・・それはもしかすると熱中症かもしれません。

今日は赤ちゃんの様子がいつもと違って心配な方々のために、熱中症に関する症状やいざという時の対処方法を色々と調査してきました!

場合によっては一刻を争う事態も考えられます。

私の集めた情報が、あなたと大切な赤ちゃんのためになれば幸いです。

もし赤ちゃんの具合に問題が無く、熱中症に関する「予防や対策」が知りたいという方には以下の記事がおススメです。

赤ちゃんの熱中症とは?予防と対策のポイントはコレだ!!

スポンサードリンク




熱中症の特徴的な症状とは?

冒頭でも少し触れましたが、熱中症の場合によくあらわれる症状を下記にまとめてみました。

  • 顔や身体の皮膚が赤くなり熱っぽい
  • 元気がなく機嫌も悪く感じられる
  • 頻繁にミルクや母乳、お茶を欲しがる
  • おしっこの量が極端に少なく汗が出ていない
  • 手足や口まわりなどに目立った湿疹(発疹)などは見られない

ただ熱っぽいというだけでは夏風邪の1種でもある手足口病やヘルパンギーナ、プール熱などと混同しがちです。

行き過ぎた素人判断は禁物ですが、湿疹が出ているかどうかでもある程度の判断がつく場合があります。

383981

熱中症が疑われる場合の処置は?

上に紹介しました症状に当てはまる場合には、すぐに応急処置にかかります。

最優先事項としては

  • 水分補給
  • 体温調節

の2点になります。

まずは母乳やミルク、ベビー麦茶などを飲ませてあげましょう。
それからエアコン(25~27度が適温)の効いた涼しい部屋に移動したり、着ている服を1枚脱がせるなどの体温調整をします。

うちわで軽くあおいだり、少し離れた場所に扇風機を置いて「弱」「しずか」などで風を送るのも有効です。
ただしその場合には、赤ちゃんに直接扇風機の風が当たらないようにしましょう。
寝かせた赤ちゃんの上20センチくらいを風が通る感じが良いとされています。

氷水で絞ったタオルでおでこや首すじ、腋の下などを冷やす方法も効果的です。
濡らしたガーゼハンカチなどで保冷剤を包んで当てても良いですが、「直接」だと肌が冷え過ぎてしまうため注意が必要です。

小児科の先生に聞いたところ、身体全体が熱く火照っている場合には、お風呂場でぬるま湯のシャワーをかけるのも良いと言われました。
熱過ぎたり冷た過ぎないように、体温よりやや低い30℃くらいの温度でしばらくかけてあげましょう。

そうした上で赤ちゃんから目を離さず、布団を敷いて静かに休ませてあげるのが無難です。

スポンサードリンク





水分補給に適した飲み物とは?

上の項目で紹介しました飲み物のおさらいになりますが、赤ちゃんの体内で吸収が早いものを挙げておきます。

飲んで胃の中に入っても、吸収されるのに時間がかかっていては意味がありません。
おススメとしては

  • 母乳やミルク
  • ベビー麦茶
  • ベビー用のポカリスエット
  • 湯冷まし

などが熱中症に対して適しているといわれています。
ただしあまりにもキンキンに冷えたものは、赤ちゃんの胃腸がびっくりしたり負担になることも考えられます。

「早く飲ませなくては!」という気持ちを少し抑えて、なるべく常温(人肌に近いくらい)に調節してあげましょう。

また、オレンジジュースやリンゴジュースといった「ジュース類」は、水分補給優先の場合においては不適とされています。

それから一見良さそうに思えるスポーツ飲料やイオン飲料ですが、ジュース類と同じく糖分が高いため飲ませ過ぎには注意が必要です。

「他に飲ませるものが何も無い!」という状態ならば、湯冷ましなどで2倍~3倍に薄めて飲ませてあげましょう。

ちなみに上でも紹介しましたが、ネットにはこんなものがありました!

【楽天】赤ちゃんのためのポカリスエット

いざという時に慌てないためにも、「お守り」代わりに家に常備されてみてはいかがでしょうか。
また、熱中症対策以外にも予期せぬ災害時や、急なお出掛けにも持って出られるので便利です。

重度の熱中症と思われる場合には?

もし赤ちゃんの状態が下記のような場合には、すぐに小児科救急病院を受診しましょう。

  • 与えた母乳やミルク、お茶などを飲む元気がない
  • 呼びかけても応じてくれない
  • 顔色が悪くぐったりしている
  • 脈が弱くなっている感じがする

熱中症は手遅れになると赤ちゃんの生命に関わる場合があります。
場合によっては救急車を呼ぶことも頭に入れておきましょう。

病院に連れて行くひとつの目安ですが、上にも書いた「自力で水分補給ができるかどうか」は結構重要です。

とにかく何かを飲んで身体に水分が行き渡り、体温調節がうまくいくようなら一安心できるかと思われます。

まとめと私の体験談

このように、今回は赤ちゃんに熱中症の疑いがある場合について調べてみました。
よく似た症状で別の病気があるものの、赤ちゃんにとって放っておけない状況であることには違いありません。

それでは最後にまとめとなりますが

赤ちゃんが熱中症かと思ったら?
  • まずは母乳(ミルク)や麦茶で水分補給を
  • エアコンで室温を下げたり涼しい場所に移動して
  • 保冷剤やぬるま湯シャワーで体温を下げて
  • 快方に向かっているようでも油断は禁物
  • 重症と感じたらすぐに受診を

といったところでしょうか。

まだ小さくて言葉が話せない赤ちゃんは「ママ、暑くてしんどいよ~」と訴えかけることができません。

その代わりに発熱したり、表情や機嫌で身体の不調を周りに知らせようとします。
私たち親にとっての最大の使命は、その小さくてわずかな「助けて!」のサインを見逃さないことにあるとも言えるでしょう。

涼しい家の中だからと油断することなく、夏場は常に赤ちゃんの健康状態をチェックされることをおススメします。

私も同じように小さな子供を持つ親として、皆さんの赤ちゃんの無事と健康を心より願っております!

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA