赤ちゃんに鯛はいつから?アレルギーやレシピはどうなの?


昔から「おめでタイ」などとしてお祝いの席では欠かせない鯛(たい)ですが、赤ちゃんの離乳食としてはどうなのでしょうか?
※この記事では鯛=真鯛として扱っています。

先日娘の誕生日(1歳)の時に、私の父が鯛を用意してくれました。
その時ふと頭に浮かんだのが

  • 赤ちゃんに鯛はいつ頃から大丈夫?
  • 鯛でもアレルギーが出たりしないだろうか?
  • そもそも離乳食には向いているの?

などなど・・・普段からあまり魚介類を食べさせる機会がないもので、離乳食メニューにはよく悩んでいます。

今日はそんな私と同じように考えておられる方々のためにも、様々な調査結果を紹介していきたいと思います。
毎日の育児でお疲れの皆さんに対して、少しでも手助けになれば幸いです。

スポンサードリンク




赤ちゃんに鯛はいつ頃から大丈夫?

まずは気になる鯛の開始時期から見ていきましょう。。
私の調べた離乳食サイトによりますと、鯛は基本的に生後5~6ヶ月頃の離乳食初期から与えても大丈夫そうでした。

49a9c520aaada4ac6e1a23d6d8bdd6d2_s
(参考画像:真鯛の塩焼き)

というのも、食用になる魚は「身の色」によって基本的に3種類に分類されます。
そしてそれぞれにおいて、赤ちゃんに与え始めるのに好ましい時期が違っています。

具体的に書き表しますと

  • 白身魚(しろみざかな)・・・生後5~6ヶ月頃の離乳食初期から
  • 赤身魚(あかみざかな)・・・生後7~8ヶ月頃の離乳食中期から
  • 青魚(あおざかな)・・・・・生後9~10ヶ月頃の離乳食後期から

というように赤ちゃんに魚を食べさせる場合には、まず鯛のような白身のものからがおススメです。
それは赤身の魚よりも脂肪分が少なく、味にクセがなくて食べさせやすいという特徴があるからです。

また、この順番は後の項目でも紹介しますが、アレルギーの出やすさとも関係があります。

スポンサードリンク





鯛はどのように食べさせればいいの?

では次に、鯛の調理方法を見ていきましょう。
季節や地域によっても様々な食べ方があり、一例だけでも

  • 塩焼き
  • 鯛めし
  • 煮付け
  • 天ぷら
  • 蒸し焼き
  • 干物
  • 刺身
  • 昆布締め

などなど・・・特にお祝いの席では見栄えのする「塩焼き」がメインとなることが多いでしょう。

ただしこの中で私たち大人には良くても、小さな赤ちゃんが食べられそうなものは限られています。
塩焼きや煮付けなどは味が濃くて塩分も強く、天ぷらや干物は固かったり油分が気になります。

そこで離乳食初期におススメしたいのが、鯛の切り身を茹でて(レンジでチンも可)すり潰しておかゆに混ぜた「鯛粥(たいがゆ)」です。
白身の鯛は淡泊で味にクセが少ないため、小さな赤ちゃんにも食べやすいと言われています。

それから離乳食中期~後期にかけては、味付け無しで「素焼き」にしても良いでしょう。
なるべく焦げないように注意しながらじっくり焼き、背骨から身だけをはずしてお皿に取りましょう。

そしてお箸で身を細かくほぐしながら、皮や小骨があれば完全に取り除きます。
赤ちゃんの喉はまだまだ細く、鯛の小さな骨でさえ引っかかってしまう可能性があります。

骨が心配に思われる場合には「お刺身用」の鯛を利用する方法もあります。
赤ちゃんのためだけにわざわざ買ってくるよりも、私たち大人の分から2~3切れを取り分けて使うのが良いでしょう。

ひとつ注意点ですが、鯛はウロコが頑丈で背びれに鋭利なトゲが生えています。
うっかり素手で触ってしまうと、思わぬケガに繋がる場合があります。

丸ごと一匹の鯛を調理する場合には魚屋さんで下処理をしてもらうか、慣れた人にお任せするのが無難と思われます。

残った鯛を保存しておくには?

ちなみに先に挙げた加熱調理済みの鯛は、冷凍保存が可能になります。
もちろん離乳食だけでなく私たちの食材としても使えますので、下のような容器を試してみてはいかがでしょうか。

【楽天】シリコン製小分け保存容器

この容器は冷凍庫や電子レンジをはじめ、食洗機に入れて洗うのもOKという優れモノです。

魚介類以外にも大根や人参といった茹でるのに時間がかかる根菜などを小分けし、冷凍しておくのにも役立ちます。
容器自体が平べったい形になっていますので、冷凍庫の中でそれほど場所を取らないというメリットもあります。

鯛を生で食べさせるのはどうなの?

上記にも紹介した食べ方の中で、「刺身」「昆布締め」などは基本的に生食となります。

しかしながら赤ちゃんの胃腸は私たちと比べてまだまだ弱く、消化能力的にも生魚は控えた方が良いという考えが一般的です。

年齢的に考えると他の生モノと同様に、少なくとも2歳までは与えない方が無難です。
慌てる必要もありませんので、なるべく3歳以降で本人が嫌がらなければ少しずつ与えてみるのも良いでしょう。

鯛に限りませんが非加熱の生魚は身がしっかりしているため、食べるにはそれなりの「噛む力」が必要となります。
歯が生え揃っていない赤ちゃんにお刺身などは難しいと思われますし、噛まずに飲み込んで喉に詰まっても大変です。

また、食中毒に対する抵抗力の観点からも、私たち大人と同程度になるのはだいたい12歳くらいからであるとも言われています。
特に夏の時期は雑菌が繁殖しやすく、傷みも早くなってしまいます。

それから加熱した食材よりも生の方がアレルギーが出やすく、低年齢であるほど発症の可能性が高まるとされています。

新鮮な鯛を刺身やお寿司で頂くのは美味しいのですが、食べるのに適した年齢になってからにしておきましょう。

スポンサードリンク





鯛でアレルギーが出たりするの?

上の項目でも少し触れましたが、ここでは鯛のアレルギーについて説明します。

政府発表の資料によると、最もアレルギーが起こりやすいとされている27品目(そのうち魚介類は7品目)には含まれていません。
(参照:消費者庁 アレルギー表示についてより)

ただし、どんな食材でも100%大丈夫というわけではなく、魚介類アレルギーという形での注意は必要です。

症状的には『口腔アレルギー症候群』といって、特定の食品を食べた直後に口の周辺や舌、唇が赤く腫れたりする場合があります。

その他にも

  • 手足、身体の蕁麻疹(じんましん)
  • 目のかゆみや充血
  • 鼻水
  • 喉の痛みや腫れ
  • 喘息
  • 下痢や嘔吐

というように、中には「花粉症」や「食中毒」に類似する症状が出る場合もあります。
念のため食後1時間くらいは赤ちゃんの口周りや、お腹の調子に変化が無いかチェックしておきましょう。

もしも、鯛で赤ちゃんに何らかのアレルギー反応が出た場合には、

  • マグロ(鮪)
  • サバ(鯖)
  • アジ(鯵)

などの大衆魚でも同様のアレルギーが出る可能性があるため、食べさせる際には注意が必要です。
上の項目でも紹介しましたが鯛のような白身魚でアレルギーが出た場合には、赤身のマグロや青魚のサバにも気を付けましょう。

また、魚介類に限らず初めての食材を赤ちゃんに食べさせるのは「平日の午前中が良い」といわれています。

それは、もし重大なアレルギー反応などが出た場合すぐに病院に駆け込めるからです。
これが土日祝日の夕方以降でしたら、診てもらえる病院を探すのが大変になります。
赤ちゃんの万が一に備えておくという意味でも、頭に入れておきましょう。

気になる方には小児科やアレルギー科で、パッチテスト(採血不要)などの検査をしてもらうことをおススメします。

そもそも鯛は離乳食に向いているの?

ここでは鯛の栄養面などから、赤ちゃんの離乳食に適しているかどうかを検証していきます。

主な栄養成分としては

  • ビタミンB1、B2、B6、B12
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • マグネシウム

などが豊富に含まれています。
そしてこの鯛に含まれるビタミン類は、野菜などから摂取されにくいものが多いのです。

スポンサードリンク





さらに近年では

  • エイコサペンタエン酸(EPA) ・・・血液の流れを良くする
  • ドコサヘキサエン酸(DHA)・・・・脳細胞を活性化させる

といった健康に役立つ必須脂肪酸にも注目が集まっています。

ただし、大量に食べればそれで良いという訳ではありません。
どんなに健康に良いと言われる食材でも、限度を超えれば消化不良で下痢を引き起こしたりします。

お米や野菜、肉類などと合わせてバランスの取れた食事を心掛けることが、赤ちゃんの健康に繋がっていきます。

ちなみに鯛の美味しい季節(旬)としては、2月~4月の春先が良いそうです。
ちょうど5月ごろに産卵の時期を迎えるため、その直前が一年を通して最も脂が乗っていると言われています。

優れた栄養面と白身で食べさせやすいという点から、鯛は離乳食に向いていると言えるでしょう。

まとめと私の体験談

このように今回は鯛(=真鯛)の開始時期や、アレルギーについて調べてきました。
他の魚と同様に注意点がいくつか出てきましたので、ポイントだけでも押さえておきましょう。

ではまとめになりますが

赤ちゃんに鯛(たい)は?
  • 生後5~6ヶ月の離乳食初期頃から
  • 煮たり焼いたりなど十分に加熱調理して
  • 小骨と皮はしっかり取り除き
  • はじめは少量から様子を見て
  • アレルギーは出にくいが念のため注意を

といったところでしょうか。
参考までに、私の娘(1歳)にも冒頭で書いた鯛の切り身を焼いてほぐして「鯛めし」を作ってみました。

ちょっと水分が少なくてパサパサになってしまいましたが、何とか食べてくれました。

食後のアレルギーも大丈夫でしたので、またひとつ離乳食メニューが増えたことに喜びを感じています。

皆さんのご家庭でも、赤ちゃんと一緒に美味しく鯛が食べられますように!

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA