赤ちゃんにはっさくはいつから?アレルギーや下痢は大丈夫?


外の皮が厚くてやや酸っぱいというイメージの強いはっさくですが、赤ちゃんに離乳食として与えても良いのでしょうか?
(※ちなみに漢字では「八朔」と書きます)

外皮をむくのは分かるけど、いつからどのくらいの量を与えれば?
それにアレルギーや消化についても心配・・・。
食べさせたら下痢や嘔吐をしてしまった!

というように、色々な疑問や不安をお持ちのママさんもおられると思います。

今日はそんな心配を解決するため、はっさくについて徹底的に調査してきました!
私の集めた情報がママさんと赤ちゃんの役に立てば幸いです。

スポンサードリンク




赤ちゃんにはっさくはいつからどのように?

はっさくは通常、生後11ヶ月~1歳頃の離乳食後期(パクパク期)から与えても良いでしょう。

125687

ただ、冒頭にも書きましたが「酸味」に加えて独特の「苦味(にがみ)」もあるため、受け付けない赤ちゃんも多いと思われます。

逆に酸っぱいのを気にせずパクパク食べる子もいますので、試してみないことには何とも言えない場合もあります。

与え方としては外皮と中の房の袋(じょうのう膜)もむいて、完全に「実だけ」にしてあげましょう。
あれば種も取り除いて、実は食べやすいように赤ちゃんの一口サイズにしておきます。

赤ちゃんが食べてくれない場合には?

はっさくの果肉や味が赤ちゃんの口に合わない場合には、ベビーダノンなどの乳幼児向けヨーグルトやバナナを潰して混ぜるという方法もあります。
酸味や苦味が緩和されたり、口当たりが良くなって食べやすくなります。
ちなみにこんなヨーグルトです。

【楽天】でベビーダノンを見てみる

それから、赤ちゃんには加熱してからの方が良いのでは?とお考えの方もおられると思います。
基本的に赤ちゃんに与える果物について加熱は不要ですが、メリットはいくつかあります。

  • 果物によっては甘味が増す
  • 柔らかくなるのでお腹に優しい(消化に良い)
  • 食中毒の予防(熱で殺菌される)
  • 温めることでお腹が冷えるのを防ぐ
  • アレルギーが出にくくなる

果物の多くは加熱により酸味が抑えられて甘味が増すほか、全体的に柔らかくなるので赤ちゃんにとっても食べやすくなります。

スポンサードリンク





それから私たち大人と比べると赤ちゃんはまだまだ菌に対する抵抗力が少ないものです。
まな板や包丁、果物自体に付着している雑菌を除去するためにも加熱は有効です。

アレルギーについては下の項目で詳しく説明しますが、加熱されたものと比べて非加熱の方がアレルゲンになりやすい場合があります。
これはアレルギーを引き起こす原因となるタンパク質が熱によって変化することによります。

はっさくについても同様で、マーマレードやジュースといった加熱したものなら大丈夫でも、生のまま食べたらアレルギーが出たというケースがあります。

このように、上で挙げたような点が心配に思われる方には食前の加熱をおススメします。
デメリットとしてははっさくに含まれているビタミン類が減少したり、もともとの風味が損なわれることが考えられます。

はっさくは離乳食に向いているの?

上の項目でも少し触れましたが、はっさくは無理に離乳食として食べさせなくても良い果物とも言えます。

まず、消化に関係するものとして

  • 消化にかかる時間は普通
  • 食物繊維量はリンゴと同じくらい
  • 酸味や苦味が胃腸への刺激になる場合もある

といった特徴があります。

はっさくの消化時間はだいたい1時間程度といわれています。
これはリンゴ(約1時間)と同等で、バナナ(約2時間)よりは早くなっています。
基本的に体内にとどまる時間が長ければ長いほど、胃腸への負担がかかります。

次に食物繊維(特に不溶性)について考えてみましょう。
これは少ない方が消化に良いとされていて、はっさくの可食部100グラムに含まれているのは平均して1.5グラム(柑橘類の中では多い方)です。
参考までに100グラムで比較するとリンゴが同じくらいの1.5グラム、バナナはやや少なめで1.1グラムとなっています。

栄養面についてはビタミンCが飛び抜けて多く、ミネラルではカリウムや銅が豊富に含まれています。

ただ、他にリンゴやバナナといった離乳食に適した果物がありますので、「こんな果物もあるんだよ」という感じで与えるのが良いでしょう。

食べ過ぎるとどうなるの?

次にはっさくの分量について説明します。
赤ちゃんに初めて食べさせる場合、まずはスプーン1杯からスタートしましょう。
何ともなければ日を追って様子を見つつ、少しずつ量を増やしていく方が無難です。

どんどん食べるからといって一度に大量に食べさせるのは控えましょう。
食べ過ぎると消化不良で下痢になったりします。

スポンサードリンク





参考までに赤ちゃんの月齢別にみたはっさくの分量を紹介しておきます。
私の勤務先におられる小児科の先生と、管理栄養士の方に適量を聞いてきました。
(※単位は1日あたりです)

  • 11ヶ月~1歳(パクパク期)・・・1~2房(約20グラム)
  • 1歳~1歳半(完了期)・・・・・・2~3房(約30グラム)
  • 1歳半~2歳(幼児期)・・・・・・2~3房(約30グラム)
  • 2歳~3歳(幼児期)・・・・・・・3~4房(約40グラム)

上記は「普通サイズのはっさくの可食部」(=1玉約300グラム)で計算しています。
種類や分け方によって大小がありますので、実際に可食部のグラム数を量るのが良いと思われます。
赤ちゃんに与えた残りはパパやママで食べ切るか、小分けして冷凍しておくと良いでしょう。

ちなみに赤ちゃんの離乳食の内容や分量、食後の変化の有無などをカレンダーに書き込んでいくと、後から確認できるので便利です。

はっさくでアレルギーは出るの?

ここでははっさくのアレルギーについて説明します。
実は果物に限らず、どんな食べ物でも多少のアレルギーの可能性があります。

政府の機関から発表されている資料によると、最もアレルギーが起こりやすいとされている20品目(そのうち果物は5品目)には含まれていません。
(参照:消費者庁 アレルギー表示についてより)

しかしながら、先述したように絶対大丈夫という訳ではありません。

症状としては『口腔アレルギー症候群』といって、特定の食品を食べた直後に口の周辺や舌、唇が赤く腫れたりする場合があります。

個人差によりますが、まれに嘔吐や下痢、全身に蕁麻疹(じんましん)、呼吸困難といった重症になるケースも報告されています。
食後1時間程度は赤ちゃんの口周りや、お腹の調子に変化が無いか気にしておきましょう。

もしも、はっさくで赤ちゃんにアレルギー反応が出た場合には、

  • リンゴ
  • バナナ
  • キウイフルーツ

などに注意が必要です。
それから、同じ柑橘(かんきつ)類のミカンやオレンジでも同様のアレルギーが出る場合があります。

また、はっさくに限らず何でも初めての食品を口にする場合には「平日の午前中が良い」といわれています。

それは、もし重大なアレルギー反応などが出た場合すぐに病院に駆け込めるからです。
これが日曜祝日の夜などでしたら、診てくれる病院も限定されてしまいます。
赤ちゃんの万一に備えておくという観点で、頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク





もし下痢や嘔吐をしてしまったら?

はっさくを食べてから急にお腹がゆるくなったり、吐き戻してしまった場合にはすぐに食べさせるのをやめて他の症状(発熱や呼吸困難など)がないか確認しましょう。

下痢や嘔吐だけの場合でも原因は

  • はっさくの食物アレルギー
  • 食べ過ぎによる消化不良
  • 生食によりお腹が冷えた
  • 胃が受け付けなかった
  • 食中毒やその他の原因

というようにいくつか考えられます。

口の周りが赤くなったりするなどの症状が出ればアレルギーの可能性が高いのですが、下痢や嘔吐だけでは原因が特定しにくいのです。
そのため、食べさせる分量や与え方(調理方法など)に再検討が必要な場合もあります。

下痢や嘔吐の状態が続いたり、赤ちゃんに元気がないなどの場合には小児科を受診しましょう。
気になる方にはパッチテストなどのアレルギー検査をされることをおススメします。

まとめと私の体験談

このように与え始める時期やアレルギーについて調べていると、注意点も色々出てきました。
少し気をつければ済むものも多いので、あまり固く考えずに要点だけ押さえておきましょう。

それでは最後にまとめとなりますが

赤ちゃんにはっさくは?
  • 無理に早めず生後1歳前後から
  • 実だけにして食べやすい大きさに
  • 生が不安な場合には加熱して
  • 最初はスプーン1杯から
  • 食後のアレルギーにも気を付けて

といったところでしょうか。
私の2人の娘は現在2歳9ヶ月と8ヶ月です。

上の子の離乳食として試した時にはやはり酸っぱかったのか、変な顔をして口から出してしまいました。
なかなか食が進みませんでしたが、ベビーダノンに混ぜると程なく完食することができました。

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA