赤ちゃんにシジミはいつから?味噌汁でアレルギーが?


身が小さくても味噌汁の具材として定番のシジミですが、小さな赤ちゃんに食べさせても大丈夫なのでしょうか。

先日スーパーの魚介類売り場でシジミのパックを見かけ、こんな疑問が浮かんできました。

  • 赤ちゃんにシジミはいつ頃から大丈夫?
  • 身が小さいけど離乳食には向いているの?
  • アレルギーが出たりしないだろうか?

などなど・・・私にも1歳過ぎの娘がおりまして、日々の離乳食メニューには色々と悩むことがあります。

今日はそんな私と同じような疑問をお持ちの方の為にも、調べて分かったことを報告していきたいと思います。

ちなみにシジミ以外の貝類については、下記に詳しくまとめてあります。

赤ちゃんに牡蠣はいつから?離乳食やアレルギーが心配?

赤ちゃんにアサリはいつから?アレルギーや離乳食には?

赤ちゃんにホタテはいつから?アレルギーや離乳食には?

赤ちゃんにハマグリはいつから?お吸い物でアレルギーは?

毎日育児でお忙しい皆さんのお役に立てれば幸いです。

スポンサードリンク




赤ちゃんにシジミはいつ頃から大丈夫?

まずはじめに、気になるシジミの開始時期から見ていきましょう。
私が調べた育児本や離乳食サイトによると、シジミはだいたい生後9~10ヶ月頃の離乳食後期から大丈夫という意見が多いようでした。

10d701be42f5408407f5def7bcd9770e_s

ちなみに国内に流通しているシジミは大きく分けて

  • ヤマトシジミ(汽水性)
  • マシジミ(淡水性)
  • セタシジミ(淡水性で最も美味とされる)

の3種類があります。
余談になりますが、淡水(たんすい)性というのは池や沼などの「真水」に生息していることを指します。

そして汽水(きすい)性とは海に近い河口などで、川の水と海の水が混ざり合っている所に生息していることを言います。

シジミの離乳食はどうすればいいの?

次に与え方としては、『新鮮なものをしっかりと加熱調理して』が大原則になります。

皆さんご存知の通り、シジミは基本的に生食に向いていません。
また、ノロウィルスによる食中毒も考えられますので、生煮えであったり火の通りが甘いものには注意が必要です。

そして市販品であっても購入から数日が経過していたり、潮干狩りなどで長時間「常温」のまま置かれたシジミは避けた方が無難です。

私たち大人と違い、まだ小さな赤ちゃんは胃腸の消化能力が十分に備わっていないものです。
古くなったシジミでお腹をこわすことも考えられますので、「いつ買った(獲った)か怪しい・・・」というようなものはやめておきましょう。

ちなみに何年かに一度のサイクルで、「貝毒(かいどく)」による食中毒が報告されています。
こちらは前述のウィルスのよるものと違い、加熱で毒性が失われるわけではありません。
ニュースなどで貝毒の情報が出た時には注意しておきましょう。

調理方法としては、最初に砂抜き(砂吐き)と貝の外側を良く洗ってからしっかり茹でます。

参考までに「85~90℃で90秒間以上」の加熱で、上に書いたノロウィルスを死滅させられるそうです。
同様に、シジミに寄生虫が付着していた場合にも効果があると言われています。

スポンサードリンク





十分な加熱が済んだら貝殻から身を外し、包丁で刻んで食べやすくしてあげましょう。
シジミの身はもともと小さいのですが、赤ちゃんによっては口の中に残って飲み込みにくいことも考えられます。

おススメのメニューとしては冒頭にも書きましたが

  • お味噌汁
  • すまし汁
  • クリームシチュー
  • シジミまぜご飯

などが良いでしょう。

どうしてもシジミの「身」が食べにくい場合には、おつゆだけでも飲ませてあげましょう。
シジミの旨味や栄養成分が溶け出していますので、「身」はオマケ的なものという意見もあります。

それからシジミの「佃煮(つくだに)」や「時雨煮(しぐれに)」は味が濃く、含まれる塩分も高くなっています。
私たちのご飯のお供には良いのですが、小さな赤ちゃんには不向きと思われます。

シジミでアレルギーが出ることも?

そしてシジミも食品である以上、食物アレルギーになる可能性があります。
参考までに政府発表の資料を見てみましょう。

この中にシジミは含まれていませんが、貝類の中では「アワビ」がアレルギーになりやすいとされています。
(参照:消費者庁 アレルギー表示についてより)

また、育児サイトをいくつか閲覧して回ったところ、シジミアレルギーの子も一定数いるようです。

症状としては『口腔アレルギー症候群』といって、特定の食品を食べた直後に口の周辺や舌、唇が赤く腫れたりする場合があります。

その他にも

  • 手足、身体の蕁麻疹(じんましん)
  • 目のかゆみや充血
  • 鼻水
  • 喉の痛みや腫れ
  • 喘息
  • 下痢や嘔吐

というように、中には「花粉症」や「食中毒」に類似する症状が出る場合もあります。

念のため食後1時間くらいは子供の身体や、お腹の調子に変化が無いか観察しておきましょう。
食後しばらく経ってから「あ~んしてみて」と、子供の口の中を覗いてみるのも良いでしょう。

もし子供にシジミでアレルギー反応が出た場合には、

  • アサリ
  • ハマグリ
  • カキ(牡蠣)
  • サザエ
  • アワビ

といった他の貝類でも同様のアレルギーが出る可能性があるため、食べさせる際には注意が必要です。

スポンサードリンク





それからシジミに限らず、初めての食品を赤ちゃんに食べさせるのは「平日の午前中が良い」とされています。

それはもし重大なアレルギー反応などが出た場合、すぐに病院に駆け込めるからです。
これが例えば土日祝日の夕方以降などでしたら、受診可能な病院を探すのが困難になります。

さらには盆正月、GWなどの大型連休も避けた方が無難です。
子供の万が一に備えておくという意味でも、頭に入れておきましょう。

気になる方には小児科や皮膚科で、パッチテスト(採血不要)などの検査をしてもらうことも可能です。

ちなみにネットで色々調べているうちに、小さな子供のかかりやすい病気や日々の健康に関する情報について、詳しく書かれた本を見つけました。

【楽天ブックス】はじめてママ&パパの0〜6才病気とホームケア

病院に行くかどうか迷ったり、こんな時にはどうしたら?というような身近な疑問の解決に役立つ内容となっています。

また、私自身も愛読していますが子育て全般に関する「育児本」として、このシリーズが分かりやすくておススメです。

【楽天ブックス】子育てハッピーアドバイス 明橋大二 著 / 太田知子 イラスト

文字ばかりではなく、可愛らしいイラストや4コマ漫画が随所にありますので、気軽に読み進めることができます。

ご自身で読まれる以外に、初めてお子さんが生まれたご家庭へのプレゼントとしても喜ばれることでしょう。

まとめと私の体験談

このように今回はシジミの開始時期や、アレルギーに関することを調査してきました。
注意点がいくつか出てきましたので、要点だけでも押さえておきましょう。

それでは最後にまとめとなりますが

赤ちゃんにシジミは?
  • 生後9~10ヶ月頃の離乳食後期から
  • 新鮮なものを充分に加熱して
  • 細かく刻んで味噌汁やすまし汁などに
  • 念のため最初は少量からスタート
  • 食後のアレルギーにも一応の注意を

といったところでしょうか。

参考までに私の娘(1歳)にも先日、シジミの味噌汁を試してみました。
先におつゆをごくごくと飲み干してから、お椀の底に残った「身」を指でつまんで食べてくれました。

食後のアレルギーも特にありませんでしたので、またひとつ離乳食のメニューが増えました。

ちなみにシジミには、栄養成分の1つでもあるビタミンB12が特に豊富に含まれています。
このビタミンB12には貧血を予防したり、睡眠を促す効果があるそうです。

他にもカルシウムや鉄分、銅といったミネラルの数値も高いため、赤ちゃんの離乳食にはうまく取り入れたい食材となっています。

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA