赤ちゃんにちりめんじゃこはいつから?離乳食と塩抜きは?


じゃこ飯やふりかけなど、ご飯との相性抜群なちりめんじゃこですが、赤ちゃんの離乳食にはどうなのでしょうか?
※ちなみに漢字では「縮緬雑魚」と書きます。

先日スーパーの魚売り場でちりめんじゃこのパックを見かけ、ふとこんな疑問が浮かんできました。

  • 赤ちゃんにちりめんじゃこはいつ頃から?
  • アレルギーになったりしないだろうか?
  • 塩分はどうすれば抜ける?

などなど・・・私にも8ヶ月になる娘がおります。
ちょうど離乳食の真っ最中ですが、日々のメニューにはよく頭を悩ませられます。

今日はそんな私と同じような方々のためにも、調査結果を色々と紹介していきたいと思います。
毎日育児に奮闘されている皆さんのお役に立てば幸いです。

スポンサードリンク




赤ちゃんにちりめんじゃこはいつ頃からOK?

まずは気になるちりめんじゃこの開始時期から見ていきましょう。
私の調べた離乳食サイトでは、ちりめんじゃこは一般的に生後5~6ヶ月頃の離乳食初期から与えても大丈夫と記載されていました。

72d7d15273c01fcd38408f98ecd2c2b0_s

もともと食用になる魚は「身の色」によって大きく3種類に分類されます。
そしてそれぞれの種類で、赤ちゃんが食べ始めるのに好ましいとされる時期が違っています。

具体的には

  • 白身魚(しろみざかな)・・・生後5~6ヶ月頃の離乳食初期から
  • 赤身魚(あかみざかな)・・・生後7~8ヶ月頃の離乳食中期から
  • 青魚(あおざかな)・・・・・生後9~10ヶ月頃の離乳食後期から

というように赤ちゃんに魚を食べさせる場合、まずは鯛やヒラメのように白身で淡白なものからがおススメと言われています。

ちなみに今回の「ちりめんじゃこ」ですが、そういう名前の魚がいる訳ではありません。
一般的には

  • カタクチイワシ
  • マイワシ
  • ウルメイワシ
  • シロウオ
  • イカナゴ

といった魚の赤ちゃん(稚魚)の総称なのです。

つまりちりめんじゃこには、上でも紹介した様々な種類の魚が混じっていることになります。
ただ稚魚のうちは骨も柔らかく、茹でて加熱済みであるため離乳食初期からでも大丈夫という意見が一般的です。

スポンサードリンク





ちりめんじゃこを離乳食に使うには?

では次に、ちりめんじゃこの調理方法を見ていきましょう。
季節や地域によっても様々な食べ方があり、一例だけでも

  • じゃこ飯
  • チャーハン
  • 佃煮
  • ふりかけ
  • 和え物
  • 炒め物
  • おひたし
  • 酢の物
  • パスタ
  • サラダ

というように、軽く調べただけでもたくさんのレシピが出てきました。

ただしこの中で私たち大人には良くても、小さな赤ちゃんが食べられそうなものは限られています。

そこで離乳食初期におススメしたいのが、茹でたちりめんじゃこをすり潰しておかゆに混ぜた「じゃこ粥」です。

離乳食中期~後期にかけては赤ちゃんの成長具合に合わせ、ちりめんじゃこを適度な大きさに刻んであげると良いでしょう。

その他にも

  • うどん
  • お焼き
  • スープ類
  • 和え物

など、色んな食材とも相性が良いとされています。

調理に関する注意点として、ちりめんじゃこには結構多くの塩分が含まれています。
そこで加熱を兼ねた「塩抜き」が必要となってきます。
簡単な方法としては、網目の細かいザルや茶こしにシラスを入れたまま熱湯をかけたり、くぐらせて湯通しするのがオススメです。

お鍋で直接茹でてからザルにあける方法もありますが、網目が粗いとちりめんじゃこが流れ出てしまうため注意が必要です。

塩抜きをした後でも多少の塩味が効いていますので、特に味付けは不要と思われます。
大人用にはポン酢などをかけないと物足りなく感じますが、赤ちゃんの分は基本的に薄味にしておきましょう。

ちりめんじゃこを保存しておくには?

ちなみに、茹でて塩抜きをしたちりめんじゃこは冷凍保存ができます。
もちろん離乳食だけでなく私たちの食材としても使えますので、下のような容器を試してみてはいかがでしょうか。

【楽天】シリコン製小分け保存容器

この容器は冷凍庫や電子レンジをはじめ、食洗機に入れて洗うのもOKという優れモノです。

魚介類以外にも大根や人参といった茹でるのに時間がかかる根菜などを小分けし、冷凍しておくのにも役立ちます。
容器自体が平べったい形になっていますので、冷凍庫の中でそれほど場所を取らないというメリットもあります。

ちりめんじゃこでアレルギーが出ることも?

さて、ここではちりめんじゃこのアレルギーについて解説します。

政府発表の資料を確認したところ、最もアレルギーが起こりやすいとされている27品目(そのうち魚介類は7品目)には含まれていませんでした。
(参照:消費者庁 アレルギー表示についてより)

しかしながら100%大丈夫というわけではなく、魚介類アレルギーという形での注意は必要です。

症状的には『口腔アレルギー症候群』といって、食事中や食後に口の周辺や舌、唇が赤く腫れたりする場合があります。

その他にも

  • 手足、身体の蕁麻疹(じんましん)
  • 目のかゆみや充血
  • 鼻水
  • 喉の痛みや腫れ
  • 喘息
  • 下痢や嘔吐

というように、中には「花粉症」や「食中毒」に類似する症状が出る場合もあります。
念のため食後1時間くらいは赤ちゃんの口周りや、お腹の調子に変化が無いかチェックしておきましょう。

スポンサードリンク





もしも、ちりめんじゃこで赤ちゃんに何らかのアレルギー反応が出た場合には、

  • サバ
  • イワシ
  • マグロ
  • ハマチ

といった他の魚でも同様のアレルギーが出る可能性があるため、食べさせる際には注意が必要です。

また、魚介類に限らず初めての食材を赤ちゃんに食べさせるのは「平日の午前中が良い」といわれています。

それは、もし重大なアレルギー反応などが出た場合すぐに病院に駆け込めるからです。
これが土日祝日の夕方以降でしたら、診てもらえる病院を探すのが大変になります。
赤ちゃんの万が一に備えておくという意味でも、頭に入れておきましょう。

気になる方には小児科やアレルギー科で、パッチテスト(採血不要)などの検査をしてもらうことをおススメします。

ちなみにネットで色々調べているうちに、小さな子供のかかりやすい病気や日々の健康に関する情報について、詳しく書かれた本を見つけました。

【楽天ブックス】はじめてママ&パパの0〜6才病気とホームケア

病院に行くかどうか迷ったり、こんな時にはどうしたら?というような身近な疑問の解決に役立つ内容となっています。

また、私自身も愛読していますが子育て全般に関する「育児本」として、このシリーズが分かりやすくておススメです。

【楽天ブックス】子育てハッピーアドバイス 明橋大二 著 / 太田知子 イラスト

文字ばかりではなく、可愛らしいイラストや4コマ漫画が随所にありますので、気軽に読み進めることができます。

ご自身で読まれる以外に、初めてお子さんが生まれたご家庭へのプレゼントとしても喜ばれることでしょう。

ちりめんじゃこに混じるものとは?

少し余談ですが、ちりめんじゃこには上でも紹介した稚魚の他に様々な生物が混じっている場合があります。

一部マニアの方の間では「ちりめんモンスター」などと呼ばれて珍重されていたりします。

代表的なものとしては

  • タコ
  • イカ
  • エビ
  • カニ
  • タツノオトシゴ
  • 変わった形の魚

などの赤ちゃん(幼生)が混じっていることがあります。
参考までに下記の写真のような感じですが、大半は加工過程において取り除かれてしまうそうです。

チリメンモンスターDSCF2679[1]
(参考画像:『チリメンモンスターのWikipedia』より引用)

見つけると何だか得した気分になりそうですが、ここでちょっとした注意点が出てきました。

上記の中でエビやカニ、イカ等はアレルギーが出やすい部類に入ります。
小さいとはいえ気になりましたので、知り合いの管理栄養士の方に聞いてみたところ

『ちりめんじゃこに含まれるエビやカニはごくわずかで、加熱もされているためそこまでの心配は不要ですよ』

という答えが返ってきました。
ただし、既にエビやカニなどによるアレルギーが判明している場合には、念のため取り除いておいた方が無難と思われます。
その際には、黒っぽいお皿の上にちりめんじゃこを広げると見つけやすいでしょう。

スポンサードリンク





ちりめんじゃこは離乳食に向いているの?

ここではちりめんじゃこの栄養面などから、赤ちゃんの離乳食に適しているかどうかを検証していきます。

ちりめんじゃこには良質の動物性タンパク質をはじめ

  • ビタミンB6、B12
  • ビタミンD
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • ナトリウム
  • カルシウム
  • セレン

といった栄養成分やミネラルが豊富に含まれています。
そしてこのちりめんじゃこのような魚に含まれるビタミン類は、野菜などから摂取されにくいものが多いのです。

さらに近年では、

  • エイコサペンタエン酸(EPA) ・・・血液の流れを良くする
  • ドコサヘキサエン酸(DHA)・・・・脳細胞を活性化させる

などの健康に役立つ必須脂肪酸にも注目が集まっています。

ただし、これらは食べれば食べるほど身体に良いという訳ではありません。
どんなに健康的な食材でも、食べ過ぎは消化不良でお腹をこわす原因にもなります。

お米や野菜、肉類などと合わせてバランスの取れた食事を心掛けることが、赤ちゃんの健康に繋がっていきます。

優れた栄養面に加えて多くの食材とも相性が良いことから、ちりめんじゃこは離乳食に向いていると言えるでしょう。

ちなみにちりめんじゃこの美味しい季節としては、春(3~5月)と秋(9~10月)の年2回が定説となっているようです。

まとめと私の体験談

このように今回はちりめんじゃこの開始時期や、アレルギーについて調べてきました。
そこまで大きな注意点はありませんでしたが、ポイントだけでも押さえておくと良いでしょう。

ではまとめになりますが

赤ちゃんにちりめんじゃこは?
  • 生後5~6ヶ月の離乳食初期頃から
  • 熱湯による加熱と塩抜きを忘れずに
  • 最初は少量を食べやすくすり潰してから
  • アレルギーは出にくいが念のため注意を
  • 小エビ等が気になる場合には取り除いて

といったところでしょうか。
参考までに、私の娘(8ヶ月)にもじゃこ粥を試してみました。
まだ歯が生え揃っていないためしっかりすり潰して混ぜたところ、ペロッと完食でした。

食後のアレルギーや体調変化も特に無く、またひとつ食べられる食材が増えたことを嬉しく思います。

皆さんの赤ちゃんにも、ちりめんじゃこが美味しく食べられますように!

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA