赤ちゃんにハタハタはいつから?離乳食やアレルギーには?


深海魚で秋田県の県魚にもなっているハタハタ(鰰)ですが、赤ちゃんの離乳食としてはどうなのでしょうか?
(地域によってはシロハタ、カミナリウオなどとも呼ばれています)

先日行きつけのスーパーにて新鮮なハタハタを見かけ、こんな疑問が浮かんできました。

  • 赤ちゃんにハタハタはいつ頃から?
  • アレルギーになる可能性は?
  • そもそも離乳食には向いているの?

などなど・・・私にも1歳になる娘がおりまして、毎日の離乳食メニューに悩むことが多々あります。

今日はそんな私と同じようにお考えの方のためにも、調べて分かったことを順次紹介していきたいと思います。
毎日の育児でお疲れな皆さんにとって、少しでもお役に立てば幸いです。

スポンサードリンク




赤ちゃんにハタハタはいつから大丈夫?

ではまず、気になるハタハタの開始時期から見ていきましょう。
私の調べたいくつかの離乳食本によりますと、ハタハタは一般的に生後5~6ヶ月頃の離乳食初期から大丈夫という記載が多いようでした。

6ee7ab36198effd2aeacc926bde8e259_s
(参考画像:焼きハタハタ)

というのも、食用になる魚類は「身の色」によって大きく3つに分けることができます。
そしてそれぞれで、赤ちゃんに食べさせ始めるのに適した時期があります。

具体的に書き表しますと

  • 白身魚・・・生後5~6ヶ月頃の離乳食初期から
  • 赤身魚・・・生後7~8ヶ月頃の離乳食中期から
  • 青魚・・・・生後9~10ヶ月頃の離乳食後期から

という感じで、今回のハタハタは「白身魚」に分類されています。
ちなみにこの順番は赤ちゃんにとっての食べやすさの他に、アレルギーの出やすさにも関係しています。
(※アレルギーについては、また後の項目で詳しく説明します)

スポンサードリンク





ハタハタを離乳食に活用するには?

まずはハタハタの代表的な食べ方を見てみましょう。
地域や季節で若干違いはありますが、

  • 塩焼き
  • 干物
  • 煮魚
  • から揚げ
  • 味噌漬け
  • 田楽
  • 汁物
  • 甘露煮
  • なれずし(ハタハタ寿司)
  • ブリコ(ハタハタの魚卵)
  • しょっつる(ハタハタから作る魚醤)

などがあります。
そしてハタハタの身は白身で淡白な上に柔らかく、骨と身が離れやすいと言われています。

ただし上記の中でも、小さな赤ちゃんに適した調理方法は限られてきます。
塩焼きや味噌漬けは味が濃くなりがちで、干物やから揚げは食感的な固さが気になりますね。

そんな中で離乳食としてもおススメなのは、ハタハタを単純に「素焼き」したものが良いでしょう。
塩を振らずにそのまま弱火~中火でよく焼きます。
コンロにある「魚焼き器」で焼く場合には、ついつい目を離して焦がさないように注意が必要です。

ハタハタにしっかり火が通ったら、皮をよけて中の身だけを使いましょう。
皮は薄いのですが、赤ちゃんの口に残って食べにくくなることも考えられます。

それから、お箸やピンセットで小骨を完全に除去します。
特に赤ちゃんの喉はまだまだ細く、ハタハタの小さな骨でさえ引っかかってしまう事があります。

その他にはお出汁などを使わない「水煮」もおススメです。
焼く場合よりも柔らかくなりますが、ハタハタは煮崩れしやすい魚でもあります。
あまり長時間煮てしまわないように注意が必要です。

ほぐした身をお粥や軟飯にまぶせば「ハタハタ飯」になりますし、茹でて刻んだ野菜と和えておかずにするのも良いでしょう。

残ったハタハタを保存しておくには?

ちなみに、上記のように加熱したハタハタの「ほぐし身」は冷凍保存が可能です。
もちろん離乳食だけでなく私たちの食材にも使えますので、下のような容器を試してみてはいかがでしょうか。

【楽天】シリコン製小分け保存容器

この容器は冷凍庫や電子レンジをはじめ、食洗機に入れて洗うのもOKという優れモノです。

魚介類以外にも大根や人参といった茹でるのに時間がかかる根菜などを小分けし、冷凍しておくのにも役立ちます。
容器自体が平べったい形になっていますので、冷凍庫の中でそれほど場所を取らないというメリットもあります。

生のハタハタを食べさせるのはNG?

もともとハタハタは刺身などの「生食」にはされにくい魚のようです。
実際にネットでレシピを探してみましたが、クックパッドにもほとんど挙がっていませんでした。

したがって赤ちゃんが生のハタハタを口にすることはほぼ無いと思われますが、「生焼け・生煮え」には注意が必要です。

そもそも赤ちゃんの胃腸は私たちと比べて弱く、消化能力的にも生魚は控えるべきというのが定説となっています。

それから食中毒に対しての抵抗力を考えると、私たち大人と同程度になるのはおよそ12歳くらいからであるとも言われています。
そして一般的には加熱した食材よりも、生の方がアレルギーになりやすいとされています。

加えて完全に火が通っていないハタハタには、体内の寄生虫が死滅していない可能性もあります。
全てのハタハタに寄生虫がいるとは限りませんが、十分に加熱すれば寄生虫による食中毒はほぼ防げると言われています。

子供が小さいうちは生魚だけでなく「半生」にも気を付けましょう。

スポンサードリンク





ハタハタでもアレルギーが出たりするの?

上の項目でも少し触れましたが、ここではハタハタのアレルギーについて詳しく説明します。

政府発表の資料によると、最もアレルギーが起こりやすいとされている27品目(そのうち魚介類は7品目)には含まれていません。
(参照:消費者庁 アレルギー表示についてより)

ただしこれは「出にくい」というだけで、100%大丈夫な訳では無いのです。

症状としては『口腔アレルギー症候群』といって、食事中や食後に口の周辺や舌、唇が赤く腫れたりする場合があります。

その他にも

  • 手足、身体の蕁麻疹(じんましん)
  • 目のかゆみや充血
  • 鼻水
  • 喉の痛みや腫れ
  • 喘息
  • 下痢や嘔吐

というように、一部は「花粉症」や「食中毒」に似た症状が出る場合もあります。
念のため食後1時間くらいは赤ちゃんの口周りや、お腹の調子に変化が無いかチェックしておきましょう。

もしハタハタで赤ちゃんにアレルギー反応が出た場合には、

  • サバ
  • サケ
  • スズキ
  • アジ
  • ハマチ

といった他の魚でも同様のアレルギーが出る可能性があるため、食べさせる際には注意が必要です。

参考までにハタハタは「スズキ目」という分類になっています。
サバやサケはもともとアレルギーになりやすく、アジやハマチは同じ「スズキ目」の仲間であるからです。

また、ハタハタに限らず初めての食品を赤ちゃんに試すのは「平日の午前中が良い」といわれています。

それはもし重大なアレルギー反応などが出た場合、すぐに病院に駆け込めるからです。
これが土日祝日・大型連休・お盆・お正月でしたら、受診可能な病院を探すのが大変になります。
赤ちゃんの万が一に備えておくという意味でも、頭に入れておきましょう。

気になる方には小児科やアレルギー科で、パッチテスト(採血不要)などの検査をしてもらうことをおススメします。

ちなみにネットで色々調べているうちに、小さな子供のかかりやすい病気や日々の健康に関する情報について、詳しく書かれた本を見つけました。

【楽天ブックス】はじめてママ&パパの0〜6才病気とホームケア

病院に行くかどうか迷ったり、こんな時にはどうしたら?というような身近な疑問の解決に役立つ内容となっています。

また、私自身も愛読していますが子育て全般に関する「育児本」として、このシリーズが分かりやすくておススメです。

【楽天ブックス】子育てハッピーアドバイス 明橋大二 著 / 太田知子 イラスト

文字ばかりではなく、可愛らしいイラストや4コマ漫画が随所にありますので、気軽に読み進めることができます。

ご自身で読まれる以外に、初めてお子さんが生まれたご家庭へのプレゼントとしても喜ばれることでしょう。

スポンサードリンク





そもそもハタハタは離乳食に向いているの?

ここではハタハタの栄養面などから、赤ちゃんの離乳食に適しているかどうかを検証していきます。

ハタハタは高タンパクで、白身でもあることから低脂質の魚です。
主な栄養成分としては

  • ビタミンB2・B12
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ナイアシン
  • ヨウ素
  • セレン

などが豊富に含まれています。
中でもビタミンB12とセレンの数値が非常に高いようです。

さらに近年では

  • エイコサペンタエン酸(EPA) ・・・血液の流れを良くする
  • ドコサヘキサエン酸(DHA)・・・・脳細胞を活性化させる

といった健康に役立つ必須脂肪酸にも注目が集まっています。

ただ、大量に食べればそれで良いという訳ではありません。
どんなに健康に良いと言われる食材でも限度を超えてしまうと、消化不良でお腹をこわしたりする事があります。

お米や野菜、肉類などと合わせてバランスの取れた食事を心掛けることが、赤ちゃんの健康に繋がっていきます。

ちなみにハタハタの美味しい季節は

  • 東北地方(秋田、青森など)・・・11月~1月
  • 山陰地方(兵庫、鳥取など)・・・3月~5月

というように地域によって違っています。
東北のハタハタは卵を持っている雌を中心に漁が行われますが、山陰地方では産卵時期に関係がないためだそうです。

白身で柔らかく食べさせやすいことからも、ハタハタは離乳食向きと言えるでしょう。

まとめと私の体験談

このように今回はハタハタの開始時期や、アレルギーについて調べてきました。
その中で注意点がいくつか出てきましたので、要点だけでも押さえておきましょう。

それではまとめになりますが

赤ちゃんにハタハタは?
  • 生後5~6ヶ月の離乳食初期頃から
  • しっかりと加熱調理をして
  • 小骨や皮は十分に取り除き
  • 最初は少量から試すのが無難
  • アレルギーにも一応の注意を

といったところでしょうか。

参考までに、冒頭で書いたハタハタを素焼きにして1歳の娘に食べさせてみました。
こんがりと焼けて実に香ばしい香りが食欲をそそります。

ほぐした身を少しだけお粥に混ぜたところ、すぐに完食してしまいました。
気になる食後のアレルギーも大丈夫でしたので、次回はもう少し量を増やしてみようと思います。

皆さんの赤ちゃんにも、旬のハタハタが美味しく食べられますように!

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA