赤ちゃんにバナナはいつから大丈夫?アレルギーや与え方は?


そろそろ赤ちゃんの離乳食の時期だったり、色々食べられるようになったけどバナナはまだ初めて・・・
という方もおられると思います。

  • エネルギーとなる炭水化物
  • 便秘予防になる食物繊維
  • 粘膜を作り消化を助けるビタミンB群
  • 筋肉と血行促進に役立つミネラル類

などが豊富に含まれていることもあって、栄養面では文句なしに優れた食材です。
私たち大人にとっても身近で手軽なバナナですが、小さな赤ちゃんに与えても大丈夫なのでしょうか?

今日はそんな素朴な疑問を解決するために、バナナについて徹底的に調査してきました!
私の集めた情報がママさんと赤ちゃんの役に立てば幸いです。

スポンサードリンク




バナナはいつ頃からあげてもいいの?

バナナは一般的に離乳食が始まるとされている生後6ヶ月頃から与えても大丈夫です。
ただ、下の項目で詳しく説明しますが、初めのうちは生ではなく加熱されることをおススメします。

193134

個人差はありますが胃腸の発達や消化のことも考えて、バナナを生で与えるのは1歳過ぎてからの方が良いでしょう。

また、輸入物のバナナは南国で栽培されているため、季節的な旬というものはほとんどありません。
そのため、スーパーに行けばほぼ一年中手にすることができます。

果物の中では比較的安価で調理しやすく、食べさせやすいという点からも離乳食に向いていると考えられます。

バナナでアレルギーは出るの?

実はどんな食品でもアレルギーが絶対無い!とは言い切れないのです。

皆さんご存知のとおり卵や牛乳、お蕎麦や小麦粉などのアレルギーは有名です。
しかしながら、赤ちゃんによっては「何でこんなもので?」というような食品でアレルギーが出る場合も考えられます。

今回のバナナですが、アレルギーの可能性としてはやや高い部類に入ります。
というのもアレルギーを起こす可能性のある原材料として、表示する事を勧められている20品目の食品の中に入っているのです。
(参照:農林水産省 表示のかしこい見かた アレルギー表示より

アレルギーの症状としては『口腔アレルギー症候群』といって、アレルゲンになる食品を食べた直後などに口の中や喉にかゆみが起こります。
個人差によりますが、まれに嘔吐や下痢といった重い症状が出るケースも報告されています。

スポンサードリンク





食べさせたあとには、赤ちゃんの口の中やお腹の調子に変化が無いかチェックしておきましょう。

ちなみにこのアレルギーは非加熱の食品に起こることが多く、例えば缶詰やジュースといった加熱されているものなら大丈夫という場合もあります。
これはアレルギーを引き起こす原因となるタンパク質が熱によって変化することによります。

もしバナナで赤ちゃんにアレルギー反応が出た場合には、念のため下記の果物についても注意しましょう。

  • りんご
  • オレンジ
  • キウイフルーツ

バナナの仲間というわけではありませんが、上に挙げた厚生労働省の発表するアレルゲンの中に入ってるものです。

バナナのおススメな与え方は?

赤ちゃんは消化能力的にまだ未熟ですので、初めから生のバナナ(すりつぶしなど)は控えておく方が無難です。
全てを防げるという訳ではありませんが、熱を加えることで多少はアレルギーの対策にもなります。

お手軽な調理方法としては、まず皮をむいて一口大くらいに切ったバナナを電子レンジ(500W)で20秒~30秒程度加熱します。

あとはスプーンで押しつぶすだけで十分食べられますが、おススメとしては

  • バナナ(すりつぶし)
  • 食パン(小さくちぎって)
  • 粉ミルク(月齢によってはフォローアップミルクも可)

を適量、小さなお鍋に入れて弱火で5~10分程度煮込むと「バナナ入りパン粥」のできあがりです。
食パンは水で戻した麩(ふ)でも代用する事ができます。

あまり水分を飛ばしすぎると赤ちゃんにとって飲み込みにくいため、ミルクで伸ばすなどの調整が必要な場合もあります。

また、味見をしてみて「甘過ぎる!」と感じられるようでしたら水(一度沸騰させてから)で薄めるのもひとつの方法です。

ただしミルクの代わりに牛乳を使うのは消化吸収の関係上、1歳くらいになってからの方が無難です。
そして、できたては熱いので充分冷ましてから与えましょう。

スポンサードリンク





ちなみにバナナは切ったりすりつぶした後、しばらくそのままで置くと変色して黒っぽくなります。
これはバナナの中に含まれるポリフェノールが空気に触れて酸化してしまうからですが、品質が悪くなったりするわけではありません。

初めてバナナを食べさせる際の注意点とは?

それからバナナに限りませんが、赤ちゃんにとって初めての食品を口にする場合には平日の午前中が良いといわれています。

理由としては、もしアレルギー反応などが出た場合すぐに病院に駆け込めるからです。
これが土日の夜などでしたら、診てくれる病院も限定されてしまいます。

赤ちゃんの万一に備えておくという観点で、頭に入れておきましょう。

それから量について、与え過ぎると一時的にお腹がゆるくなったりすることがあります。
どんどん食べるからといって大量に食べさせるのではなく、はじめは小鉢に少量からスタートしましょう。

日を追って様子を見ながら、少しずつ量を増やしていく方が無難です。

まとめと私の体験談

このように与え始める時期やアレルギーについて調べていると、注意点も色々出てきました。
少し気をつければ済むものも多いので、あまり固く考えずに要点だけ押さえておきましょう。

それでは最後にまとめとなりますが

赤ちゃんにバナナは?
  • 生後6ヶ月くらいからの離乳食に
  • すりつぶしてレンジでチンが楽
  • 加熱後のやけどには気をつけて
  • 初めはスプーン2~3杯程度から
  • 食後のアレルギーにも注意して

といったところでしょうか。
甘くて食べやすいためか、私の娘も離乳食のバナナが大好きでした。
2歳半になった今では生のまま1本丸ごと食べてます。

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA