赤ちゃんにはんぺんは1歳頃から?離乳食やお焼きにも?


おでんや煮物、そのままでも焼いても美味しいはんぺんですが、赤ちゃんの離乳食としてはどうなのでしょうか?
※漢字では「半片」「半弁」と書き、最初に作ったとされる料理人の「半平(はんぺい)さん」にちなんで「半平」とも書かれるそうです。

私にもちょうど1歳で離乳食真っ盛りの娘がおります。
頃合的には後期~完了期ですが、はんぺんのような「練り物」はまだ食べさせたことがありませんでした。

その理由としては

  • いつ頃から与えて良いか分からない
  • 塩分や添加物が多いイメージがある
  • アレルギーが出たりしないだろうか?

といった不安や疑問が浮かんできたからです。
おそらく私と同じようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

今日はそんなはんぺんについて、私が調べた情報を紹介したいと思います。
育児に大忙しな皆さんにとって、検索時間が少しでも省ければ幸いです。

スポンサードリンク




赤ちゃんにはんぺんはいつからどのように?

まず最初ははんぺんの開始時期に注目してみましょう。
私が調べた育児本や離乳食サイトによりますと、だいたい生後11ヶ月~1歳頃の離乳食完了期から少しずつ与えても大丈夫でしょうとありました。

5e10de3436ef69af168200142274bee7_s

ただし急にたくさん食べさせると胃腸の負担になったり、後述するアレルギーの可能性も出てきます。
はじめはスプーン1杯程度の少量から試されることをおススメします。

はんぺんは他の練り物(ちくわなど)よりも比較的柔らかいのですが、赤ちゃんの離乳食には細かく刻むかすり潰した方が無難と思われます。
ざっくり切っただけでは喉に引っ掛かることも考えられますので、5ミリ程度に刻んであげましょう。

食べさせ方としてはおかゆやうどんに混ぜたり、お焼きやスープの具材に加えるのもいいですね。

もし赤ちゃんの離乳食が初期や中期の場合には無理をせず、先にこんなベビーフードを試してみてはいかがでしょうか。

【楽天】和光堂 裏ごしおさかな 5か月頃から

こちらは生後5ヶ月頃からOKというもので、はんぺんにはまだ少し早い赤ちゃんにおススメです。
原材料には白身魚のタラが使われており、食べやすいように裏ごしされています。

離乳食として使うなら塩抜きを?

また、多くのはんぺんはそのままでも食べられる程度に味付けがされています。

ただこの味付けは、赤ちゃんにとって少し濃いと言われています。

参考までに、私が近所のスーパーで買ってきた3種類のはんぺんの塩分に注目してみましょう。
それぞれのはんぺん100gにおける食塩相当量を比較してみます。
(あちこち探したのですが紀文食品の製品しか見つかりませんでした)

  • 紀文「徳用はんぺん」・・・・・1.78g
  • 紀文「鯛入りはんぺん」・・・・2.00g
  • 紀文「はんぺん 大判」・・・・2.08g

というように、単純に塩分だけを見てみると「徳用はんぺん」がおススメということになります。
赤ちゃんに与える場合には、細かく刻んでから熱湯で数分茹でて「塩抜き」をしておきましょう。

はんぺんを大きなまま茹でるより、包丁で細かく切ってからの方が効率よく塩抜きができます。
「柄付きのざる」や「茶こし」があると便利ですが、柄が短いものはお鍋のふちで火傷しないように気を付けましょう。

ただこれで塩分が完全に抜けるわけではありませんので、その後の味付けはしなくても問題ないと思われます。

赤ちゃんの離乳食は基本的に薄味ということも頭に入れておきましょう。
ちなみに食塩だけでなく、砂糖や発酵調味料なども少なからず使用されています。

離乳食として使いやすいのですが、はんぺんばかりに偏らないようバランスの取れたメニューを心掛けたいですね。

それからはんぺんのような「練り物」には、細菌や微生物が繁殖しやすいと言われています。
赤ちゃんの内臓はまだまだ未発達で、ちょっとしたことでお腹の調子を崩しやすいものです。

はんぺんは製造過程で火が通っていますが、食中毒予防の観点からも食前の再加熱をおススメします。
賞味期限の確認と合わせて、夏場や梅雨の時期などは特に注意しておきましょう。

はんぺんは冷凍保存できる?

皆さんご存知の通り、はんぺんは基本的に賞味(消費)期限が短めです。
そして一度開封したものは、なるべく早めに食べ切ることが推奨されています。

しかしどうしても残ってしまった場合には冷凍保存がおススメです。
解凍した時の食感が少し変わることもありますが、下のような容器を試してみてはいかがでしょうか。

【楽天】シリコン製小分け保存容器

この容器は冷凍庫や電子レンジをはじめ、食洗機に入れて洗うのもOKという優れモノです。

はんぺん以外にも大根や人参といった茹でるのに時間がかかる根菜などを小分けし、冷凍しておくのにも役立ちます。
容器自体が平べったい形になっていますので、冷凍庫の中でそれほど場所を取らないというメリットもあります。

スポンサードリンク





はんぺんのアレルギーや添加物とは?

ちなみにどんな食材でも、少なからずアレルギーが出る可能性があります。
参考までに、アレルギーになりやすい食材をまとめて政府が発表していますので紹介しておきます。
(参照:消費者庁 アレルギー表示についてより)

今回のはんぺんですが、魚肉だけで出来ているわけではありません。
「つなぎ」として他の食材や調味料、保存料といった添加物も気になるところです。

ここでは塩抜きの項目でも紹介した3種類のはんぺんについて、原材料をチェックしてみます。

紀文の「徳用はんぺん」は?

どれも紀文食品のはんぺんですが、まずはこれから見ていきましょう。

IMG_0919

「徳用」とありますが、大きさは他のものとそう変わりないように思えます。

IMG_0920

右下には「低脂肪」と「保存料無添加」の表示があります。

IMG_0921

裏面の原材料の部分は細かいので、書き出してみました。

  • 魚肉
  • でん粉
  • 卵白
  • 砂糖
  • 食塩
  • 植物油
  • 発酵調味液
  • やまいも
  • 加工でん粉
  • 調味料(アミノ酸等)
  • 増粘多糖類
  • pH調整剤
  • (材料の一部に小麦・大豆を含む)

と表記されています。
魚肉の内容が何であるかは書かれていませんでしたが、一般的なはんぺんには

  • スケトウダラ
  • ヨシキリザメ
  • アオザメ
  • オナガザメ
  • カジキ

などが原料となっているようです。

それから卵白ややまいも、小麦に大豆などはアレルギーが出やすい食材です。
赤ちゃんにはんぺんを食べさせる前に、これらの食物アレルギーがないか確認しておきましょう。

IMG_0922

製品100gに含まれる塩分の計算ですが、

1.6g(塩分)÷90g(全体の重さ)×100=約1.78g としています。

スポンサードリンク





紀文の「鯛入りはんぺん」は?

2番目は「鯛入りはんぺん」です。

IMG_0923

最初の「徳用はんぺん」よりわずかに黄色がかって見えました。
鯛の身が含まれているからでしょうか・・・。

IMG_0924

こちらは左下に「低脂肪」「高たんぱく」「保存料無添加」という記載があります。

IMG_0925

気になる原材料としては

  • 魚肉(たら・さめ・かじき・たい)
  • 卵白
  • でん粉
  • 砂糖
  • 食塩
  • 発酵調味液
  • 鯛エキス
  • やまいも
  • 加工でん粉
  • 調味料(アミノ酸等)
  • 増粘多糖類
  • (原材料の一部に卵・小麦・やまいもを含む)

と表記されています。
ちゃんと鯛(と鯛エキスも)が含まれていたので安心しました。
ただ、「何」の鯛かは分かりません。

普通に考えたら真鯛かな?と思いますが、鯛にも様々な種類が存在します。

IMG_0927

それからアレルギーになりやすい食品について、目立つように表記しているのは親切だと思いました。

IMG_0926

製品100gに含まれる塩分の計算ですが、

2.8g(塩分)÷140g(全体の重さ)×100=約2.00g としています。

紀文の「はんぺん 大判」は?

最後はシンプルな「はんぺん 大判」です。

IMG_0928

「大判」とありますが写真を見ても分かるとおり、大きさは上に紹介した2つとほとんど同じに見えます。

IMG_0929

左下には「保存料無添加」の表記があります。
保存料が入っていないため、賞味期限が短いとも考えられます。

IMG_0930

原材料としては

  • 魚肉
  • 卵白
  • でん粉
  • 砂糖
  • 食塩
  • 発酵調味液
  • やまいも
  • 加工でん粉
  • 調味料(アミノ酸等)
  • セルロース
  • 増粘多糖類
  • pH調整剤
  • (原材料の一部に卵・小麦・大豆・やまいもを含む)

と表記されています。
このはんぺんも魚肉の種類は書かれていませんでした。

IMG_0931

製品100gに含まれる塩分の計算ですが、

2.5g(塩分)÷120g(全体の重さ)×100=約2.08g としています。
今回の3種類のはんぺんでは、この製品が最も塩分を含んでいました。

スポンサードリンク





はんぺんでアレルギーが出てしまったら?

上の項目で紹介したように、一般的なはんぺんにはアレルギーになりやすい食品(卵・やまいも・小麦・大豆など)が含まれています。

これらのアレルギーを持った赤ちゃんが食べた場合、口周りや舌などが赤く腫れる症状(口腔アレルギー症候群)が出る心配があります。

赤ちゃんの体質にもよりますが、ひどい場合には口周りだけでなく身体中に蕁麻疹(じんましん)が出る可能性もあります。
そして、このようなアレルギー反応には

  • 即時性・・・食べた直後~30分以内に出る
  • 遅延性・・・食べて数時間~数日後になってから出る

というように2つのパターンがあります。
即時性の場合には原因となる食品が分かりやすいのですが、遅延性では「どの食材で出るのか特定しにくい」という難点があります。

もし、赤ちゃんにはんぺんを食べさせていて口周りや身体に異常が確認された場合には、すぐに食べさせるのをやめて様子をみましょう。
まれなケースでは、呼吸困難や痙攣(けいれん)といった重症になることも考えられます。

最終的にはママの判断ですが、しばらく経っても体調が思わしくない場合には皮膚科や小児科を受診された方が無難です。

ちなみにネットで色々調べているうちに、小さな子供のかかりやすい病気や日々の健康に関する情報について、詳しく書かれた本を見つけました。

【楽天ブックス】はじめてママ&パパの0〜6才病気とホームケア

病院に行くかどうか迷ったり、こんな時にはどうしたら?というような身近な疑問の解決に役立つ内容となっています。

また、私自身も愛読していますが子育て全般に関する「育児本」として、このシリーズが分かりやすくておススメです。

【楽天ブックス】子育てハッピーアドバイス 明橋大二 著 / 太田知子 イラスト

文字ばかりではなく、可愛らしいイラストや4コマ漫画が随所にありますので、気軽に読み進めることができます。

ご自身で読まれる以外に、初めてお子さんが生まれたご家庭へのプレゼントとしても喜ばれることでしょう。

はんぺんに関する雑学あれこれ?

余談ですが、はんぺんはその発祥が江戸時代の駿河(するが)の国(現在の静岡県)とされています。
そのため東海や関東地方ではありふれた食材ですが、関西よりさらに西の方ではそこまで有名ではなさそうです。

私の住んでいる大阪でも1つのスーパーには多くて2種類、少ないところでは1種類のはんぺんしか置いてありませんでした。
それもはんぺん業界最大手の「紀文食品」製のものだけでした。

またはんぺんと言えば「白い」というイメージですが、静岡にはイワシなどを丸ごと使用した「黒はんぺん」なるものがあるそうです。
私も旅行や仕事で行った際にはぜひ食べてみたいと思います。
(参考資料:「半片のWikipedia」より)

まとめと私の体験談

このように赤ちゃんに対する「はんぺん」の開始時期やアレルギーについて調べてみると、注意点がいくつか出てきました。

最後にまとめとなりますが、

赤ちゃんにはんぺんは?
  • 生後11ヶ月~1歳頃の離乳食完了期から
  • 細かく切ってから茹でて「塩抜き」を
  • 原材料や添加物にも気をつけて
  • 念のため最初はスプーン1さじから
  • 卵・やまいも・小麦・大豆にも注意を

といったところでしょうか。
含まれている塩分や、アレルギーの出やすい原材料などに気を付けて食べさせてあげましょう。

参考までに私の娘(1歳)にも細かく刻んだはんぺん入りうどんを試したところ、しっかり完食でした。
ちなみにうどんもはんぺんも白いため、細かく切ると見分けがつきにくくなります。

食後のアレルギーも大丈夫でしたので、今度は「お焼き」に混ぜてみたいと考えています。

皆さんの赤ちゃんにも美味しいはんぺんが問題なく食べられ、これからも元気に成長されることを願っております。

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA