赤ちゃんにウィンナーはいつから?離乳食やアレルギーは?


そのまま焼いたりポトフなどに入れても美味しいウィンナーですが、赤ちゃんの離乳食としてはどうなのでしょうか?

私にもちょうど1歳で離乳食真っ盛りの娘がおります。
先日スーパーの食肉コーナーにて色んなウィンナーを見かけ、こんな疑問が浮かんできました。

  • 赤ちゃんにウィンナーはいつ頃から?
  • 添加物や塩分が多くない?
  • アレルギーの心配は?

などなど、おそらく私と同じようにお考えのママさんも多いのではないでしょうか。

今日はそんなウィンナーについて、私なりに調べた情報を紹介していきたいと思います。
毎日育児でお忙しい皆さんにとって、何かしら参考になれば幸いです。

スポンサードリンク




赤ちゃんにウィンナーはいつからどのように?

まず最初はウィンナーの開始時期に注目してみましょう。
私が調べた育児本や離乳食サイトでは、なるべく1歳を過ぎてからという記載が多いようでした。
ただし1口あたりの大きさや、分量などには注意が必要です。

25ef56119b0c847cd7e3e00e78eafbcb_s

どんな食品でも急にたくさん食べさせるとお腹をこわしたり、後述するアレルギーの可能性が出てきます。
はじめはスプーン1~2口程度の少量から試されることをオススメします。

食べさせ方としては細かく刻んでおかゆに混ぜたり、野菜スープなどの具材として加えるのもいいですね。
まだ噛む力が充分に備わっていない場合には、すり鉢などですり潰してあげると良いでしょう。

それからウィンナーの「皮」については、私たち大人でも噛み切りにくい場合があります。
できれば皮なしのものか、むいて取り除いてあげた方が無難と思われます。

ちなみに赤ちゃんが1歳未満の場合などには無理をせず、まずはこんなベビーフードから試してみてはいかがでしょうか。

【楽天】和光堂 裏ごしおさかな 5か月頃から

こちらは生後5ヶ月頃からOKと記載されていました。

原材料には白身魚のタラが使われており、食べやすいように裏ごしもされています。
常温保存が可能なため、ちょっとしたお出掛けやおかずに困った時にも役に立つ事でしょう。

塩抜きや油抜きをした方がいいの?

皆さんもご存じのように、ウィンナーには味付けや保存のため相当量の食塩が使用されています。

参考までに、私が近所のスーパーで買ってきた3種類の製品の塩分に注目してみましょう。

下記に100gあたりの塩分を出して比較してみます。

  • 日本ハム「皮なしウィニー」・・・2.13g
  • 伊藤ハム「赤ウィンナー」・・・・1.89g
  • 丸大食品「燻製屋」・・・・・・・1.76g

というように製品によって多少のばらつきがあるものの、それなりに使われていることが分かります。
上記の中においては、日本ハムの「皮なしウィニー」が最も塩分が高いという結果になりました。

そのため赤ちゃんに食べさせる分については、下茹でによる「塩抜き」をおススメします。

そのまま茹でるよりなるべく細かく切って断面積を増やした方が、より効率的に塩分を抜くことができます。
「皮つき」のものは包丁などで切れ目を入れて、中身を削ぎ取るようにすると皮がむけます。

茹でる際には柄付きのザルや茶こしを使うと便利ですが、湯気やお鍋のふちは熱いので気を付けましょう。

IMG_2562

私も上の写真のように、「赤ウィンナー」を5分ほど茹でて塩抜きしてみました。
味見してみると結構薄味になっていましたので、減塩効果は期待できそうです。

後で煮汁をよく見てみると油が浮いていたため、塩以外にも余分な「脂質」を落とすことが可能と思われます。

ちなみにウィンナーのように水分を含む食品に関しては、細菌や微生物が繁殖しやすいと言われています。
赤ちゃんの内臓はまだまだ未発達で、ちょっとしたことでお腹の調子を崩しやすいものです。
開封してから素手で必要以上にベタベタ触ったり、長時間外気にさらすのは避けた方が良いでしょう。

ウィンナーは製造過程で一度火が通っていますが、食中毒予防の観点からも塩抜きを兼ねた再加熱をおススメします。
賞味期限の確認と合わせて、夏場や梅雨の時期などは特に注意しておきましょう。

スポンサードリンク





ウィンナーは冷凍保存しても良い?

市販されているウィンナーの賞味(消費)期限は、生鮮食品より多少は長く設定されています。
ただし上の項目にも書きましたが、一度開封したものはなるべく早めに食べ切ることが推奨されています。

ただそれでも残ってしまった場合には、私たちが食べて消費するか冷凍保存がおススメです。
解凍後の食感が多少変わるものの、成分まで変わる訳ではありませんのでこんな容器を試してみてはいかがでしょうか。

【楽天】シリコン製小分け保存容器

この容器は冷凍庫や電子レンジをはじめ、食洗機に入れて洗うのもOKという優れモノです。

ウィンナー以外にも大根や人参といった茹でるのに時間がかかる根菜などを小分けし、冷凍しておくのにも役立ちます。
容器自体が平べったい形になっていますので、冷凍庫の中でそれほど場所を取らないというメリットもあります。

ウィンナーの添加物やアレルギーとは?

ちなみにどんな食材でも、少なからずアレルギーが出る可能性があります。
参考までに、アレルギーになりやすい食材をまとめて政府が発表していますので紹介しておきます。
(参照:消費者庁 アレルギー表示についてより)

ここでは塩分の項目でも紹介した3種類のウィンナーについて、原材料をチェックしてみたいと思います。

日本ハム「皮なしウィニー」は?

まずはこちらのウィンナーから見てみましょう。

IMG_2554

小さな子供のイラストが描かれていて、何だか子供向けのような感じですね。
そのままですが「ウィニー君」という名前だそうです。

ちなみに「標準10本入り」のところ11本入っていましたので、少し得をした気分です。

IMG_2555

そして気になる原材料ですが、細かくて見にくいので全部書き出してみました。

  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 結着材料(ポーク粗ゼラチン、大豆たん白)
  • 豚脂肪
  • 還元水あめ
  • 食塩
  • ポークエキス
  • 水あめ
  • 香辛料/加工デンプン
  • 未焼成Ca
  • リン酸塩(Na)
  • 調味料(アミノ酸)
  • pH調整剤
  • 酸化防止剤(ビタミンC)
  • 発色剤(亜硝酸Na)
  • 香辛料抽出物
  • (一部に大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

というようにメインは豚肉と鶏肉ですが、その他多くの添加物が含まれています。

IMG_2556

アレルギーになりやすい食品に関しては前述のとおり

  • 大豆
  • 鶏肉
  • 豚肉
  • ゼラチン

などが挙げられます。
これらの食品でアレルギーが出る赤ちゃんには気を付けましょう。

IMG_2557

参考までに栄養成分表示も載せておきます。
塩分だけでなく、脂質もそれなりに含まれていることが分かります。

スポンサードリンク





伊藤ハム「赤ウィンナー」は?

2番目はこちらの製品となります。

IMG_2558

お弁当の定番おかずとしても有名な「タコさんウィンナー」ですね。

IMG_2559

原材料としては

  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 結着材料(粗ゼラチン、でん粉、植物性たん白、卵たん白)
  • 食塩
  • 砂糖
  • ポークエキス
  • 香辛料
  • 脱脂粉乳
  • 加工でん粉
  • 炭酸カルシウム
  • 調味料(アミノ酸等)
  • リン酸塩(Na、K)
  • pH調整剤
  • 酢酸(Na)
  • 酸化防止剤(ビタミンC)
  • 発色剤(亜硝酸Na)
  • 着色料(クチナシ、アナトー)
  • (原材料の一部に卵、乳成分、小麦、牛、大豆を含む)

というように、こちらもかなり多くの添加物が含まれています。
ちなみにあの赤色は「植物由来の色素」によって付けられているそうです。

IMG_2560

アレルギーになりやすい食品に関しては、

  • 小麦
  • 豚肉
  • 鶏肉
  • 牛肉
  • ゼラチン
  • 大豆

というように、先に紹介したウィニーよりも数多く使われています。
「結着(けっちゃく)剤」の原料によっても違ってくるようですね。

IMG_2561

栄養成分表示も載せておきます。
1パックあたりの分量が製品によって違いますので、比べるには計算が必要となります。

スポンサードリンク





丸大食品「燻製(くんせい)屋」は?

最後は少し大きめのウィンナーとなります。
よく2パックがテープでひとまとめにされ、多くのスーパーに並んでいます。

IMG_2563

我が家でもチラシ広告の日などに買ったりしています。
噛んだ際の「パキッ」という食感とともに、肉汁が口の中いっぱいに広がりますね。

IMG_2564

気になる原材料としては

  • 豚肉
  • 豚脂肪
  • 糖類(粉あめ、砂糖)
  • 食塩
  • 香辛料
  • 調味料(アミノ酸等)
  • リン酸塩(Na)
  • 保存料(ソルビン酸)
  • 酸化防止剤(ビタミンC)
  • pH調整剤
  • 発色剤(亜硝酸Na)

というように、このウィンナーには「鶏肉」が使われていません。
ちなみに値段は先の2製品よりも若干高めだったりもします。

IMG_2566

写真のように7大アレルギー物質(表示義務あり)に関しては不使用ですが、

  • 豚肉

は当然ながら使われています。
それでも小麦や卵、乳製品などでアレルギーが出てしまう赤ちゃんには安心ですね。

IMG_2565

参考までに栄養成分表示も載せておきます。

このように今回紹介したウィンナーの中から私が選ぶとすれば、丸大食品の「燻製(くんせい)屋」でしょうか。

ただし様々な添加物や塩分の面からも、オススメという訳ではありません。
他におかずが何も無い場合や、たまに与える程度にとどめておきましょう。

やはり赤ちゃんには肉や魚、野菜といった自然食品を中心に、無添加や減塩に配慮した離乳食を食べさせるのが好ましいと思われます。

スポンサードリンク





ウィンナーでアレルギーが出てしまったら?

上の項目でも紹介したように、市販されているウィンナーには大豆・小麦・卵・乳・ゼラチン・豚肉・鶏肉・牛肉などが使用されています。

そのためこれらのアレルギーを持った赤ちゃんが食べた場合、口周りや舌などが赤く腫れる症状(口腔アレルギー症候群)が出る可能性があります。

赤ちゃんの体質にもよりますが、ひどい場合には口周りだけでなく身体中に蕁麻疹(じんましん)が出る恐れもあります。
そして、このようなアレルギー反応には

  • 即時性・・・食べた直後~30分以内に出る
  • 遅延性・・・食べて数時間~数日後になってから出る

というように2つのパターンがあります。
即時性の場合には原因となる食品が分かりやすいのですが、遅延性では「どの食材で出たのか判別しにくい」という難点があります。

もし赤ちゃんにウィンナーを食べさせていて、口周りや身体に異常が確認された場合には、すぐに食べさせるのをやめて様子をみましょう。
まれなケースでは、呼吸困難や痙攣(けいれん)といった重症になることも考えられます。

最終的にはママの判断ですが、しばらく経っても体調が思わしくない場合には皮膚科や小児科を受診された方が無難です。

ちなみにネットで色々調べているうちに、小さな子供のかかりやすい病気や日々の健康に関する情報について、詳しく書かれた本を見つけました。

【楽天ブックス】はじめてママ&パパの0〜6才病気とホームケア

病院に行くかどうか迷ったり、こんな時にはどうしたら?というような身近な疑問の解決に役立つ内容となっています。

また、私自身も愛読していますが子育て全般に関する「育児本」として、このシリーズが分かりやすくておススメです。

【楽天ブックス】子育てハッピーアドバイス 明橋大二 著 / 太田知子 イラスト

文字ばかりではなく、可愛らしいイラストや4コマ漫画が随所にありますので、気軽に読み進めることができます。

ご自身で読まれる以外に、初めてお子さんが生まれたご家庭へのプレゼントとしても喜ばれることでしょう。

まとめと私の体験談

このように赤ちゃんに対するウィンナーの開始時期やアレルギーについて調べたところ、いくつかの注意点が見つかりました。

最後にまとめとなりますが、

赤ちゃんにウィンナーは?
  • なるべく生後1歳を過ぎてから
  • 皮を取り除いて細かく刻んだものを
  • 下茹でによる塩抜き・油抜きをして
  • はじめは少しずつ様子を見ながら
  • 添加物やアレルギーにも注意して

といったところでしょうか。

参考までに私の娘(1歳)にも、細かく刻んで塩抜きした「燻製屋のウィンナー」を試したところ、しっかり完食でした。

アレルギーは大丈夫でしたが塩分や添加物が気になりますので、たまに少し与える程度にしておこうと思います。

皆さんのご家庭でも与え過ぎに注意して、赤ちゃんがこれからも元気に成長されることを願っております!

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA