赤ちゃんにベーコンはいつから?離乳食やアレルギーには?


ベーコンエッグやサラダ、スープの具材としても用いられるベーコンですが、赤ちゃんの離乳食にはどうなのでしょうか?

私にもちょうど1歳で離乳食真っ盛りの娘がおります。
先日スーパーの加工食品コーナーにて数種類のベーコンを見かけ、こんな疑問が浮かんできました。

  • 赤ちゃんにベーコンはいつからOK?
  • 塩分や添加物が多いかも?
  • アレルギーが出たりしない?

などなど、おそらく私と同じようにお考えのママさんも多いのではないでしょうか。

今日はそんなベーコンについて、私なりに調べた情報を紹介していきたいと思います。
毎日育児に大忙しな皆さんにとって、少しでも役に立てば幸いです。

スポンサードリンク




赤ちゃんにベーコンはいつからどのように?

まず最初はベーコンの開始時期に注目してみましょう。
私が調べた育児本や離乳食サイトでは、なるべく1歳を過ぎてからという記述多いように思われました。
ただし無条件にOKという訳ではなく、1口あたりの大きさや分量などには注意が必要となります。

IMG_2608

どんな食品でもいきなりたくさん食べさせるとお腹をこわしたり、後述するアレルギーの可能性も出てきます。
はじめはスプーン1~2口程度で、少量からお試しされることをオススメします。

食べさせ方としては細かく刻んでおかゆに混ぜたり、野菜スープなどの具材や「味付け役」として加えるのもいいですね。
油分が気になる場合には、なるべく白い所(脂身)を避けて赤身の部分を使います。
まだ噛む力が充分に備わっていない赤ちゃんには、すり鉢などですり潰してあげると良いでしょう。

それからベーコンの端にある「焼き目」部分は少し硬く、私たち大人でも口に残る場合があります。
まだ小さな子供には、食べる前に取り除いてあげる方が無難と思われます。

ちなみに赤ちゃんが1歳未満の場合などには無理をせず、まずはこんなベビーフードから試してみてはいかがでしょうか。

【楽天】和光堂 裏ごしおさかな 5か月頃から

こちらは生後5ヶ月頃からOKと記載されていました。

原材料には白身魚のタラが使われており、食べやすいように裏ごしもされています。
常温保存が可能なため、ちょっとしたお出掛けやおかずに困った時にも役に立つ事でしょう。

塩抜きや油抜きをした方が良い?

皆さんもご存じのように、一般的なベーコンには味付けや保存のため相当量の食塩が使用されています。

参考までに、私が近所のスーパーで買ってきた3種類のベーコンの塩分に注目してみましょう。

下記に100gあたりの塩分を計算してみました。

  • プリマハム「糖質ゼロベーコン」・・・1.88~2.81g
  • 伊藤ハム「ハーフベーコン」・・・・・3.24g
  • 日本ハム「減塩ハーフベーコン」・・・0.65~1.94g

というように製品によって、かなりバラつきがあることが分かります。
そしてプリマハムや日本ハムのように、1つの製品でも2~3倍くらい塩分に幅があったりもします。

その中でも商品名に『減塩』と付いている日本ハムのベーコンが、他の2製品よりも塩控えめと言えるでしょう。

スポンサードリンク





しかしながら赤ちゃんに食べさせる分については、まず下茹でによる「塩抜き」をおススメします。

そのまま茹でるよりなるべく細かく切って断面積を増やした方が、より効率的に塩分を抜くことができます。
その際ついでに、包丁で端の「焼き目」の部分を切り取ってしまいましょう。

茹でる際には柄付きのザルや茶こしを使うと便利ですが、湯気やお鍋のふちは熱いので注意が必要です。

IMG_2629

私も上の写真のように、刻んだベーコンを4~5分茹でて塩抜きしてみました。
味見してみると結構薄味になっていましたので、減塩効果は期待できそうです。

後で煮汁の表面をよく見てみると油が浮いていたため、「脂肪分」もある程度落とすことができたと思います。

ちなみにベーコンのように水分を含む加工食品に関しては、細菌や微生物が繁殖しやすいと言われています。
赤ちゃんの胃腸はまだまだ未発達で、ちょっとしたことでお腹の調子を崩しやすいものです。
パックを開けてから必要以上に素手でベタベタ触ったり、常温で長時間放置するのは避けた方が無難です。

国内で工業的に生産されているベーコンは製造過程で一度火が通っていますが、食中毒予防の観点からも塩抜きを兼ねた再加熱をおススメします。
(ちなみに外国製では非加熱の「生ベーコン」も存在するようです)

賞味期限の確認と合わせて、夏場や梅雨の時期などは特に注意しておきましょう。

ベーコンは冷凍保存も可能?

市販されているベーコンの賞味(消費)期限は、生鮮食品より多少は長く設定されています。
ただし上の項目にも書きましたが、一度開封したものはなるべく早く食べ切ることが推奨されています。

それでも残ってしまった場合には、私たちが食べて消費するか冷凍保存がおススメです。
解凍後の食感が多少変わるものの、成分まで変わる訳ではありませんのでこんな容器を試してみてはいかがでしょうか。

【楽天】シリコン製小分け保存容器

この容器は冷凍庫や電子レンジをはじめ、食洗機に入れて洗うのもOKという優れモノです。

ベーコン以外にも大根や人参といった茹でるのに時間がかかる根菜などを小分けし、冷凍しておくのにも役立ちます。
容器自体が平べったい形になっていますので、冷凍庫の中でそれほど場所を取らないというメリットもあります。

スポンサードリンク





ベーコンに含まれる添加物やアレルゲンとは?

ちなみにどんな食材でも、少なからずアレルギーが出る可能性があります。
参考までに、アレルギーになりやすい食材をまとめて政府が発表していますので紹介しておきます。
(参照:消費者庁 アレルギー表示についてより)

ここでは塩分の項目でも紹介した3種類のベーコンについて、原材料をチェックしてみたいと思います。

プリマハム「糖質ゼロベーコン」は?

ではまず、こちらのベーコンから見ていきましょう。

IMG_2614

パッケージには「糖質ゼロ」という文字がよく目立っています。
ただ見た目は普通のベーコンのようで、全然分かりません・・・。

IMG_2611

そして気になる原材料ですが、細かくて見にくいので全部書き出してみました。

  • 豚ばら肉
  • 大豆たん白
  • 食塩
  • 乳たん白
  • 卵たん白(卵を含む)
  • 調味料(アミノ酸)
  • リン酸塩(Na)
  • カゼインNa(乳由来)
  • 酸化防止剤(ビタミンC)
  • くん液
  • 発色剤(亜硝酸Na)
  • 甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、アドバンテーム)
  • カルミン酸色素

というようにメインは豚のばら肉ですが、その他多くの添加物が含まれています。
特に甘味料の辺り、あまり聞いたことがない物質が並んでいます。

IMG_2612

アレルギーになりやすい食品に関しては

  • 乳成分
  • 大豆
  • 豚肉

などが挙げられます。
これらの食品でアレルギーが出る赤ちゃんには気を付けましょう。

IMG_2613

参考までに栄養成分表示も載せておきます。
確かに糖質0gに加えて食物繊維も0gなので、炭水化物も0gとなっています。
ダイエット等に有効とされている、いわゆる「糖質オフ」食品ですね。

スポンサードリンク





伊藤ハム「ハーフベーコン」は?

続いて2番目はこちらの製品となります。

IMG_2620

ちなみに今回のベーコンはどれも、大きさ半分のハーフベーコンとなっています。

IMG_2616

原材料としては

  • 豚ばら肉
  • 糖類(水あめ、砂糖)
  • 食塩
  • 乳たん白
  • 植物性たん白
  • 卵たん白
  • ポークエキス調味料
  • 調味料(有機酸等)
  • リン酸塩(Na)
  • カゼインNa
  • 増粘多糖類
  • 酸化防止剤(ビタミンC)
  • くん液
  • 発色剤(亜硝酸Na)
  • コチニール色素
  • 香辛料抽出物
  • (一部に卵・乳成分・豚肉・大豆を含む)

というように、こちらは砂糖や水あめといった「糖類」が使用されています。
その他の添加物もだいたい同じような感じです。

IMG_2618

アレルギーになりやすい食品に関しては、

  • 乳成分
  • 豚肉
  • 大豆

となっています。
単純に豚肉だけで作られている訳ではないということが分かりますね。

IMG_2619

栄養成分表示も載せておきます。
1パックあたりの分量がそれぞれ違いますので、比較するには計算が必要となります。

スポンサードリンク





日本ハム「減塩ハーフベーコン」は?

そして最後のベーコンはこちらです。

IMG_2625

パッケージには『血圧が気になる方に』や『塩分30%カット!』という表記が目立ちます。

IMG_2622

注目の原材料としては

  • 豚ばら肉
  • 卵たん白
  • 大豆たん白
  • 食塩
  • ホエイパウダー
  • 豚コラーゲン
  • 酵母エキス
  • 発酵調味料
  • ギャバ
  • 水あめ
  • 調味料(有機酸等)
  • トレハロース
  • リン酸塩(K)
  • 増粘多糖類
  • pH調整剤
  • 酸化防止剤(ビタミンC)
  • 発色剤(亜硝酸Na)
  • コチニール色素
  • 香辛料
  • 甘味料(アセスルファムK、スクラロース、ネオテーム)
  • (一部に卵・乳成分・大豆・豚肉を含む)

というようにこちらも甘味料や香辛料といった、数多くの添加物が使われています。

IMG_2623

アレルギーの出やすい食品については

  • 豚肉
  • 大豆

と表記されています。
今回紹介した3種類のベーコンについては、どれもこの4品目に注意しておきましょう。

IMG_2624

参考までに栄養成分表示も載せておきます。
このベーコンに関しても、それぞれの値が「〇〇~〇〇g」という表示になっています。

塩分の少なさで決めるなら日本ハムの「減塩ハーフベーコン」なのですが、添加物の多さも気になる所です。

どちらにしてもベーコンは他におかずが無い時や、たまに与える程度にとどめておきましょう。

やはり赤ちゃんには肉や魚、野菜といった自然食品を中心に、無添加や減塩に配慮した離乳食を食べさせるのが好ましいと思われます。

スポンサードリンク





ベーコンがアレルギーになることも?

上の項目でも紹介したように、市販されているベーコンには卵・乳成分・大豆・豚肉などが使用されています。

そのためこれらのアレルギーを持った赤ちゃんが食べた場合、口周りや舌などが赤く腫れる症状(口腔アレルギー症候群)が出る可能性があります。

赤ちゃんの体質にもよりますが、ひどい場合には口周りだけでなく身体中に蕁麻疹(じんましん)が出る恐れもあります。
そして、このようなアレルギー反応には

  • 即時性・・・食べた直後~30分以内に出る
  • 遅延性・・・食べて数時間~数日後になってから出る

というように2つのパターンがあります。
即時性の場合には原因となる食品が分かりやすいのですが、遅延性では「どの食材で出たのか判別しにくい」という難点があります。

もし赤ちゃんにベーコンを食べさせていて、口周りや身体に異常が確認された場合には、すぐに食事をやめて様子をみましょう。
まれなケースでは、呼吸困難や痙攣(けいれん)といった重症になることも考えられます。

最終的にはママの判断ですが、しばらく経っても体調が思わしくない場合には皮膚科や小児科を受診された方が無難です。

ちなみにネットで色々調べているうちに、小さな子供のかかりやすい病気や日々の健康に関する情報について、詳しく書かれた本を見つけました。

【楽天ブックス】はじめてママ&パパの0〜6才病気とホームケア

病院に行くかどうか迷ったり、こんな時にはどうしたら?というような身近な疑問の解決に役立つ内容となっています。

また、私自身も愛読していますが子育て全般に関する「育児本」として、このシリーズが分かりやすくておススメです。

【楽天ブックス】子育てハッピーアドバイス 明橋大二 著 / 太田知子 イラスト

文字ばかりではなく、可愛らしいイラストや4コマ漫画が随所にありますので、気軽に読み進めることができます。

ご自身で読まれる以外に、初めてお子さんが生まれたご家庭へのプレゼントとしても喜ばれることでしょう。

まとめと私の体験談

このように赤ちゃんに対するベーコンの開始時期やアレルギーについて調べたところ、いくつかの注意点が見つかりました。

最後にまとめとなりますが、

赤ちゃんにベーコンは?
  • 生後1歳を過ぎてからが無難
  • 端の「焼き目」は除いて細かく刻んだものを
  • 下茹でによる塩抜き・油抜きを忘れずに
  • はじめは少量で様子を見ながら
  • 添加物やアレルギーに気を付けて

といったところでしょうか。

参考までに私の娘(1歳)にも、細かく刻んで塩抜きした日本ハムの「減塩ハーフベーコン」を試してみました。
野菜スープの味付け程度に入れたところ、しっかり完食してくれました。

ただやはり塩分や添加物が気になりますので、我が家でも頻繁に食べさせるのはやめておこうと思います。

皆さんのご家庭でも与え過ぎに注意して、赤ちゃんがこれからも健康ですくすく成長されることを願っております!

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA