赤ちゃんに油揚げはいつから?離乳食には油抜きが必要?


お味噌汁や煮物、きつねうどんなどにもよく使われる油揚げ(あぶらあげ)ですが、赤ちゃんの離乳食にはどうなのでしょうか?
※地方によっては「あげ」「あぶらげ」「稲荷揚げ」「狐揚げ」「薄揚げ」とも呼ばれているそうです。

私にもちょうど1歳過ぎで離乳食の娘がおります。
以前からお味噌汁は飲ませていましたが、そろそろ油揚げを入れて良いかどうかで迷っています。

その理由としては

  • 油揚げはいつ頃から食べさせてOK?
  • 消化に良くないのでは?
  • アレルギーにならないだろうか?

などの疑問が浮かんできたからです。
おそらく私と同じようにお考えのママさんも多いのではないでしょうか。

今日はそんな油揚げについて、色々調べてみた情報を紹介していきたいと思います。
毎日の育児でお疲れの皆さんにとって、有益な内容となれば幸いです。

スポンサードリンク




赤ちゃんに油揚げはいつ頃からどのように?

まずは油揚げの開始時期から見てみましょう。
私が調べた育児本や離乳食サイトによりますと、だいたい生後9~10ヶ月頃の離乳食後期から食べさせられるとありました。
ただし1口あたりの大きさや、分量などには注意が必要です。

ad51be625d05ccb87ec779c56bbc67aa_s

どんな食品でも急にたくさん食べさせると赤ちゃんがお腹をこわしたり、後述するアレルギーの可能性も出てきます。
そのため、はじめはスプーン1~2口程度の少量から試されることをおススメします。

また、油揚げは薄く切った豆腐を油で揚げたものです。
食感は製品によって若干違いがありますが、多くは私たち大人の歯でも噛み切りにくいように感じます。

大きなままだと喉に詰まる危険性もありますので、可能な限り細かいみじん切りにしてあげましょう。

定番ですがお味噌汁やスープの具にしたり、おかゆやうどんに混ぜるのもいいですね。

ちなみに赤ちゃんの離乳食が初期~中期の場合には無理をせず、まずはこんなベビーフードから試してみてはいかがでしょうか。

【楽天】和光堂 裏ごしおさかな 5か月頃から

こちらは生後5ヶ月頃からOKと記載されていました。

原材料には白身魚のタラが使われており、食べやすいように裏ごしもされています。
常温保存が可能なため、ちょっとしたお出掛けやおかずに困った時にも役に立つ事でしょう。

離乳食として使う前には油抜きが必要?

油揚げは元々「豆腐」であり、通常は味付けがされていません。
ただ、油で揚げてありますので脂質が気になるところです。

参考までに、私が近所のスーパーで買ってきた3種類の油揚げの脂質に注目してみましょう。

下記に100gあたりの脂質を比較してみます。

  • 京豆苑(きょうずえん)の「京あげ」・・・34.4g
  • ケーエスフーズの「べに花油あげ」・・・・21.5g
  • 藤田食品の「生仕立て うすあげ」・・・・28.5g

というように3品ともそこそこ差がありました。
脂質だけで比べた場合には、ケーエスフーズの油揚げが最も低脂質ということになります。

とは言うものの赤ちゃんに食べさせる分については、下茹でによる「油抜き」をおススメします。
はじめに細かく切ってから柄付きのザルや茶こしを使うと便利ですが、熱湯による火傷には気を付けましょう。

私も実際に油抜きをしてみましたが、お湯に入れた瞬間から結構な「油分」が確認できました。
ちなみに、お鍋の熱湯を3回取り替えてみてもまだ油が浮いていました。

油揚げは大豆製品で植物性タンパク質は豊富ですが、そればかりに偏らないようバランスの取れたメニューを心掛けたいですね。

加えて油揚げのように水分を含む食品には、細菌や微生物が繁殖しやすいと言われています。
赤ちゃんの内臓はまだまだ未発達で、ちょっとしたことでお腹の調子を崩しやすいものです。

油揚げはその名のとおり一旦火が通っていますが、食中毒予防の観点からも油抜きを兼ねた再加熱をおススメします。
賞味期限の確認と合わせて、夏場や梅雨の時期などは特に注意しておきましょう。

味付きの油揚げはどうなの?

それから油揚げの中には一部、甘辛く味付けされているものがあります。
代表的なものとしては「きつねうどん」のお揚げさんなどがそうですね。

インスタントのカップうどん等に入っているものも同様に、砂糖や醤油で濃い味となっています。

噛み切りにくい上に味も濃いため、赤ちゃんにあまり適しているとは言えません。
油抜きと同じ方法で多少は味が抜けますが、そこまでして食べさせる必要も無いと思われます。

外食などで出てきた「味付き油揚げ」は赤ちゃんに与えず、私たち大人で頂くのが無難でしょう。

スポンサードリンク





油揚げは冷凍保存できる?

スーパーなどで売られている油揚げの賞味(消費)期限は、普通それほど長くありません。
そして一度開封したものは、なるべく早めに食べ切ることが推奨されています。

しかしどうしても残ってしまった場合には冷凍保存がおススメです。
細かく刻んでから、こんな容器を試してみてはいかがでしょうか。

【楽天】シリコン製小分け保存容器

この容器は冷凍庫や電子レンジをはじめ、食洗機に入れて洗うのもOKという優れモノです。

油揚げ以外にも大根や人参といった茹でるのに時間がかかる根菜などを小分けし、冷凍しておくのにも役立ちます。
容器自体が平べったい形になっていますので、冷凍庫の中でそれほど場所を取らないというメリットもあります。

冷凍前に油抜きまでしておけば、次回すぐに使えて便利ですね。

油揚げのアレルギーや添加物とは?

ちなみにどんな食材でも、少なからずアレルギーが出る可能性があります。
参考までに、アレルギーになりやすい食材をまとめて政府が発表していますので紹介しておきます。
(参照:消費者庁 アレルギー表示についてより)

ここでは油抜きの項目でも紹介した3種類の油揚げについて、原材料をチェックしてみたいと思います。

京豆苑(きょうずえん)の「京あげ」は?

まずはこちらの油揚げから見てみましょう。

IMG_1426

見た目も形もいわゆる普通の油揚げですね。

IMG_1427

包装には「高温と低温の油」でじっくり揚げてあると書かれています。

IMG_1428

そして気になる原材料ですが、字が細かいので全部書き出してみました。

  • 大豆(非遺伝子組み換え)
  • 食用植物油
  • 凝固剤
    (塩化マグネシウム・硫酸カルシウム)
  • 消泡剤
    (グリセリン脂肪酸エステル・炭酸カルシウム・レシチン)

上記の中にある塩化マグネシウムというのは、豆腐を固める際に使う「にがり」のことです。

それから、アレルギーの出やすい大豆には注意しておきましょう。

IMG_1429

栄養成分では大豆製品ということもあり、たんぱく質の値が高くなっています。
塩分に関しては微々たるものですので、さほど気にしなくても良いでしょう。

スポンサードリンク





ケーエスフーズの「べに花油あげ」は?

2番目はこちらの油揚げになります。

IMG_1430

先ほどの油揚げより表面の凸凹が少なく、やや厚みが感じられます。

IMG_1431

「国産大豆」「べに花油」100%使用というのが安心できますね。
左上に「油抜き不要」と書かれてはいますが、赤ちゃんにはしておいた方が良いでしょう。

IMG_1432

原材料としては

  • 大豆(国産)(遺伝子組み換えでない)
  • 植物油脂(べに花油)
  • 凝固剤
    (塩化マグネシウム・硫酸カルシウム)
  • 消泡剤
    (グリセリン脂肪酸エステル)

というように、内容的には最初の「京あげ」とほぼ同じです。
同様に大豆アレルギーには注意しておきましょう。

IMG_1433

それでも脂質が低いのは「べに花油」のせいでしょうか。
油抜きをするにしても、最初から油っ気が少ない方が良さそうですね。

スポンサードリンク





藤田食品の「生仕立て うすあげ」は?

最後に豆腐業界大手でもある藤田食品の油揚げを紹介します。

IMG_1434

大きさは2番目のものと同じくらいですが、切り口に見える「気泡」からふわふわ感がありそうです。
私が食べてみた感想としても、他の2種類より柔らかい食感でした。

IMG_1435

そしてこちらは「菜種油」を使用で「国産本にがり100%」だそうです。
また、「活性イオン製法」という独自の作り方をされています。

IMG_1436

気になる原材料としては

  • 大豆(遺伝子組み換えでない)
  • 植物油
  • 凝固剤
    (粗製海水塩化マグネシウム)

というように、単純明快な内容となっています。
消泡剤を使わず、必要最低限の「にがり」だけというのも好感が持てますね。
赤ちゃんの口に入るものなので、なるべく添加物の少ないものをおススメします。

IMG_1437

脂質に関しては今回の3品中2番目でした。

スポンサードリンク





油揚げでアレルギーが出てしまったら?

上の項目でも紹介したように、一般的な油揚げには豆腐の主原料でもある大豆が使用されています。

そのため大豆アレルギーを持った赤ちゃんが食べた場合、口周りや舌などが赤く腫れる症状(口腔アレルギー症候群)が出る可能性があります。

赤ちゃんの体質にもよりますが、ひどい場合には口周りだけでなく身体中に蕁麻疹(じんましん)が出る恐れもあります。
そして、このようなアレルギー反応には

  • 即時性・・・食べた直後~30分以内に出る
  • 遅延性・・・食べて数時間~何日か後になって出る

というように2つのパターンがあります。
即時性の場合には原因となる食品が分かりやすいのですが、遅延性では「どの食材で出たのか判別しにくい」という難点があります。

もし、赤ちゃんに油揚げを食べさせていて口周りや身体に異常が確認された場合には、すぐに食べさせるのをやめて様子をみましょう。
まれなケースでは、呼吸困難や痙攣(けいれん)といった重症になることも考えられます。

最終的にはママの判断ですが、しばらく経っても体調が思わしくない場合には皮膚科や小児科を受診された方が無難です。

ちなみにネットで色々調べているうちに、小さな子供のかかりやすい病気や日々の健康に関する情報について、詳しく書かれた本を見つけました。

【楽天ブックス】はじめてママ&パパの0〜6才病気とホームケア

病院に行くかどうか迷ったり、こんな時にはどうしたら?というような身近な疑問の解決に役立つ内容となっています。

また、私自身も愛読していますが子育て全般に関する「育児本」として、このシリーズが分かりやすくておススメです。

【楽天ブックス】子育てハッピーアドバイス 明橋大二 著 / 太田知子 イラスト

文字ばかりではなく、可愛らしいイラストや4コマ漫画が随所にありますので、気軽に読み進めることができます。

ご自身で読まれる以外に、初めてお子さんが生まれたご家庭へのプレゼントとしても喜ばれることでしょう。

まとめと私の体験談

このように赤ちゃんに対する油揚げの開始時期やアレルギーについて調べたところ、いくつかの注意点が見つかりました。

最後にまとめとなりますが、

赤ちゃんに油揚げ(あぶらあげ)は?
  • 生後9~10ヶ月頃の離乳食後期から
  • しっかり茹でて油抜きを
  • 食べやすいように細かくみじん切りに
  • 最初はスプーン1~2口で様子を見ながら
  • 大豆アレルギーにも気を付けて

といったところでしょうか。

私の娘(1歳)にも細かく刻んだ油揚げ入りのお味噌汁を試したのですが、今ひとつ食が進みませんでした。

味気なかったのか飲み込みにくかったせいか分かりませんが、次回は別の食べさせ方をしてみようと思います。

皆さんの赤ちゃんには油揚げが問題なく食べられ、これからも元気ですくすくと成長されることを願っております!

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA