赤ちゃんの苺状血管腫ってどんなの?写真画像はコチラ!

ichigo

いつも朝から晩まで育児に全力の皆さん、毎日本当にお疲れ様です。
もしかすると赤ちゃんの身体について、下に書いたような症状が出ていないでしょうか?

  • お腹や手足に赤い痣(あざ)のようなものがある
  • 出産時には無かったのに最近できた
  • 前は小さかったのにだんだん大きくなってる

これらの症状は、乳児期に発症しやすいとされる苺状血管腫(いちごじょうけっかんしゅ)の可能性があります。
※別名「乳児血管腫」とも呼ばれています。

実は私の娘が通う保育園にも二の腕辺りに「赤いあざ」のある赤ちゃんがおられ、以前から気になっていました。

今日はそんな苺状血管腫について、気になる情報を色々と集めてきました!
子供のお世話で忙しい皆さんのお役に立てば幸いです。

「赤ちゃんの苺状血管腫ってどんなの?写真画像はコチラ!」の続きを読む…

子供がドアの下に足の指をはさむ?防止するグッズとは?

IMG_0094

毎日の育児に全力で立ち向かっておられる皆さん、いつも本当にお疲れ様です。
今回はドアや扉による、乳幼児の足の指はさみについてのお話です。

皆さんの中で、こんなヒヤッとする体験をされたことは無いでしょうか?

  • ドアの向こう側の子供に気付かず開けてしまった
  • 子供が自分でドアを開けて足の指をはさんだ
  • 兄弟姉妹が勢いよくドアを開けて下の子が指をはさんだ

などなど・・・実際にケガをしてしまったケースもあることでしょう。
今日は同じような体験をされたり、子供に痛い思いをさせたくない方のために防止策を探してきました。

こんなちょっとしたことでも、小さな子供達の安全対策に繋がれば幸いです。

「子供がドアの下に足の指をはさむ?防止するグッズとは?」の続きを読む…

子供が溶連菌感染症かも?処方される薬や後遺症とは?

IMG_0041

毎日育児に全力投球されている皆さん、いつも本当にお疲れ様です。
今日は乳幼児にとって悪い意味でお馴染みの病気、溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)についてのお話です。

もしかすると子供さんにこんな症状が出ていたりしないでしょうか?

  • 急に38~39度の発熱がある
  • 一旦下がった熱がまた上がってきた
  • 舌に赤いブツブツができている
  • 「喉が痛い」という訴えがある
  • お腹や手足に小さくて赤い発疹がある

上記の中で、舌に赤いブツブツが見られるというのは「イチゴ舌」の可能性があります。
これについては下のリンク先の記事で詳しく紹介してあります。

子供がイチゴ舌になってる?写真や画像と治し方は?

ちょうど先日、私の4歳の娘もこのような症状が出ました。
しかしながら病院での検査をしてもらうまで、溶連菌感染症だと分かりませんでした。

当記事では発症から病院に行くまでの過程や処方されたお薬、後遺症(合併症)などに関する情報などをまとめてみました。

似たような症状が出ていて「もしかしてうちの子も・・・?」という方々の参考になれば幸いです。

「子供が溶連菌感染症かも?処方される薬や後遺症とは?」の続きを読む…

子供がイチゴ舌になってる?写真や画像と治し方は?

IMG_0004

朝から晩まで育児に奮闘されている皆さん、毎日本当にお疲れ様です。
もしかすると子供の具合が普段と違い、下に書いたような症状が出ていないでしょうか?

  • 舌に赤いブツブツができている
  • 急な発熱(38~39度)がある
  • お腹や手足に小さくて赤い発疹がある
  • 喉の痛みを訴えている

今日は上記の中でも、赤ちゃんや子供の舌に赤いブツブツができる「イチゴ舌(した)」に注目してみたいと思います。
ちなみに、先生によっては「イチゴ状舌(じょうぜつ)」と表現される方もおられます。

私にも4歳と2歳の娘がいまして、実は先日上の娘がこのイチゴ舌になりました。
その時の対処法や原因について、私なりに調べたことを紹介していきたいと思います。

私と同じような心配や疑問を持たれた方の参考になれば幸いです。

「子供がイチゴ舌になってる?写真や画像と治し方は?」の続きを読む…

子供が「とびひ」にかかった?保育園は出席停止になるの?

381476

朝から晩まで育児に全力投球の皆さん、いつも本当にお疲れ様です。
私にも4歳と2歳の娘がおりまして、日々の大変さは痛いほどよく分かります。

さて今日は、夏の時期に多いとびひに関する情報です。
ちなみに、とびひの正式名称は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。

皆さんの中で

  • とびひは出席停止になる病気なの?
  • 保育園や幼稚園にはいつから行けるの?
  • とびひでも預かってくれる所はないの?

といった疑問をお持ちではないでしょうか。
実は私の下の娘が先日とびひにかかり、このような事態に直面しました。

それもあって今回はとびひになった際の保育園や幼稚園、小学校などの出席に関する事を中心に調べてみました!
お忙しい皆さんの知識の足しになれば幸いです。

また、とびひの「写真」や「薬」については下記の記事にまとめてあります。

子供が「とびひ」かも?写真や薬による治し方は?

合わせて読んでいただければ光栄です。

「子供が「とびひ」にかかった?保育園は出席停止になるの?」の続きを読む…

子供が「とびひ」かも?写真や薬による治し方は?

IMG_9991

朝から晩まで育児に奮闘されている皆さん、毎日本当にお疲れ様です。
もしかすると子供の具合が普段と違い、下に書いたような症状が出ていないでしょうか?

  • 身体のあちこちを掻いたり気にしている
  • 手足やお腹の一部(または全体)に発疹や水疱がある
  • 熱が出たりぐったりしている様子はない

これらの症状は、赤ちゃんや子供が夏場にかかりやすいとびひの可能性があります。
細菌が皮膚に感染することで発症し、火事の火の粉が「飛び火」するかのごとく水疱が全身に広がるためこう呼ばれています。

ちなみに、正式名称は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といいます。

私にも4歳と2歳の娘がおりまして、先日下の娘の脇腹に気になる発疹を見つけました。
詳しくは次の項目から写真なども交えて解説してきます。

また、とびひにかかった際の「出席」に関することは

子供が「とびひ」にかかった?保育園は出席停止になるの?

の記事で詳しく紹介しています。
私と同じような心配や疑問を持たれた方の参考になれば幸いです。

「子供が「とびひ」かも?写真や薬による治し方は?」の続きを読む…