赤ちゃんと二見の夫婦岩に!駐車場やオムツ交換の場所は?

IMG_0282

小さな赤ちゃんの育児に全力の皆さん、毎日本当にお疲れ様です。
赤ちゃんもだんだん大きくなってきて、お出掛け可能な場所が増えている頃かと思われます。

今日はそんな皆さんに、三重県伊勢市にある二見(ふたみ)の夫婦(めおといわ)を紹介したいと思います。

ただ、小さな赤ちゃんと一緒に行くとなると

  • 混雑状況やおススメの時間帯は?
  • 近くに駐車場はあるの?
  • ベビーカーや抱っこ紐の必要性は?
  • ランチやお茶を楽しむには?
  • 授乳室やオムツ替えシートはあるの?

といった気がかりな点もあるかと思います。
当記事ではそんな不安をお持ちの方々のためにも、私自身が実際に行った感想を踏まえて紹介していきます。

家族全員で二見の夫婦岩を楽しんでもらえるよう、私の集めた情報が役に立てば幸いです。

「赤ちゃんと二見の夫婦岩に!駐車場やオムツ交換の場所は?」の続きを読む…

赤ちゃん連れで鳥羽水族館に!ベビーカーや授乳室は?

IMG_0320

小さな赤ちゃんのいるママパパの皆さん、毎日の育児本当にお疲れ様です。
赤ちゃんも少しずつ大きくなって、色々な所へお出掛けを・・・と検討されている頃かと思われます。

今日はそんな皆さんにジュゴンやラッコ、スナメリでも有名な「鳥羽水族館」の魅力について紹介したいと思います。
※ジュゴンが観られるのは日本国内ではここだけです!

ただ、小さな赤ちゃんと一緒に行くとなると

  • 混雑状況やおススメの時間帯は?
  • 近くに駐車場はあるの?
  • ベビーカーや抱っこ紐の必要性は?
  • お昼のランチを楽しむには?
  • 授乳室やオムツ替えシートはあるの?

といった気がかりな点もあるかと思います。
当記事ではそんな不安をお持ちの方々のためにも、私自身が実際に行った感想を踏まえて紹介していきます。

家族全員で鳥羽水族館を楽しんでもらえるよう、私の集めた情報が役に立てば幸いです。

「赤ちゃん連れで鳥羽水族館に!ベビーカーや授乳室は?」の続きを読む…

赤ちゃんと伊勢神宮へ!ベビーカーやオムツ替えは?

IMG_0259

毎日の育児に全力投球されている皆さん、いつも本当にお疲れ様です。

赤ちゃんが少しずつ大きくなるにつれ、旅行やお出かけの範囲が広がってきている頃かと思われます。

今日はそんな皆さんに、三重県伊勢市の「伊勢神宮(内宮)」を紹介したいと思います。

古くは江戸時代からの「お伊勢参り」として、全国各地より命がけで参拝者が集まった歴史ある場所です。
今でこそ交通網が発達して比較的容易にお参りできるようになりましたが、赤ちゃん連れとなると

  • 年末年始は大混雑?
  • 近くのおススメ駐車場は?
  • ベビーカーで行ってもいいの?
  • 近くでランチできるお店は?
  • 授乳室やオムツ替えできる場所は?

というように、心配な点も出てきます。
そんな不安をお持ちの方々のためにも、私自身が実際に行った体験をもとに紹介していきます。

これからお伊勢参りをされる方々に私の情報が少しでも役に立ち、楽しんでもらえれば幸いです。

「赤ちゃんと伊勢神宮へ!ベビーカーやオムツ替えは?」の続きを読む…

赤ちゃんとおかげ横丁へ!ベビーカーやランチは?

IMG_0245

日々の育児に全力で奮闘されている皆さん、本当にお疲れ様です。

赤ちゃんの成長にともなって、お出掛け可能な場所が少しずつ増えてきている頃ではないでしょうか。

そんな皆さんに今日は、三重県伊勢市にある「おかげ横丁」を紹介したいと思います。

結論を先に言ってしまいますが、おかげ横丁は赤ちゃんにも結構おススメです。

しかしながら、具体的には

  • 時期的な混み具合は?
  • 近くに駐車場はあるの?
  • ベビーカーや抱っこ紐は必要?
  • 赤ちゃん連れでのランチは?
  • 授乳室やオムツ替えできる場所は?

というような辺りが気になるのではと思われます。
そんな疑問をお持ちの方々のためにも、私自身が実際に行った体験をもとに解説していきます。

私の情報が少しでも役に立って、ご家族みんなでおかげ横丁を楽んで頂ければ幸いです。

「赤ちゃんとおかげ横丁へ!ベビーカーやランチは?」の続きを読む…

赤ちゃんに水イボが?写真や原因からの対処法はコチラ!

mizuibokata

朝から晩まで育児に携わっておられる皆さん、毎日本当にお疲れ様です。
もしかしてお子さんに下記のような症状が出ていないでしょうか?

  • 顔やお腹などにポツポツと発疹(丘疹)がある
  • しばらく様子を見ていても治る気配がない
  • だんだん数が増えている気がする

これらの症状は、ウィルス感染症の1つでもある水イボ(みずいぼ)の可能性があります。
ちなみに正式名称は「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)と呼ばれています。

私にも2人の娘(4歳と2歳)がおりまして、子供がかかりやすい病気に関しては特に気になります。
今日はそんな水イボについて色々と調べてきました!
子供のお世話で忙しい皆さんのお役に立てば幸いです。

「赤ちゃんに水イボが?写真や原因からの対処法はコチラ!」の続きを読む…