赤ちゃんに大葉(しそ)はいつから?離乳食にはどうなの?


そのまま揚げて天ぷらにしたり、薬味として様々な料理の引き立て役になっている大葉(しそ)ですが、赤ちゃんの離乳食にはどうなのでしょうか。

先日スーパーの野菜コーナーで大葉を見かけ、ふとこんな疑問が浮かんできました。

  • 赤ちゃんに大葉はいつからどのように?
  • アレルギーの心配は?
  • そもそも離乳食には必要といえるの?

などなど・・・これまで特に気にも留めなかった大葉ですが、赤ちゃんの口に入るとなると多少の心配も出てきます。

私自身もちゃんと分かっていないことが多いため、この際色々と調べてみることにしました。
同じように育児中の皆さんとも、役立つ情報を共有できれば幸いです。

スポンサードリンク




赤ちゃんに大葉はいつからどのように?

まずはじめに大葉の開始時期から紹介していきます。
私の調べた離乳食サイトによりますと、大葉は一般的に生後7~8ヶ月の離乳食中期から食べさせても大丈夫とありました。

014f1704a5d710c2c81922ac9cf7dbee_s

ただ、皆さんもご存知のとおり大葉には独特の「苦味」や「風味」があります。
パスタやうどんなどの薬味にも使われるくらいですので、赤ちゃんによっては食が進まないことも考えられます。

そんな場合には無理に食べさせようとせずに、大葉の量を減らすか食べさせ方を考え直してみましょう。

調理方法としては一旦茹でてから細かく刻んだり、ペースト状にすり潰しておかゆに混ぜると見た目も良くなります。
もう少し月齢が進んでくれば、豆腐ハンバーグや各種お焼きに混ぜてしっかり焼いてから食べさせる方法もあります。

また、茹でてすり潰した大葉は冷凍保存が可能になります。
毎回離乳食の度に大葉の下ごしらえをするのは時間的にも大変です。

そこで調理の時間短縮にもつながる、便利な保存グッズを見つけました!

【楽天】シリコン製小分け保存容器

これは冷凍や電子レンジだけでなく、食洗機もOKという優れモノです。
大葉はパックから出してしまうとすぐに乾燥してきたりして、冷蔵庫の中でもあまり長くは持ちません。

しばらく使うあてが無かったり痛みが早そうな場合にはとにかく茹でて、ペースト状で冷凍しておくと良いでしょう。

スポンサードリンク





大葉のアレルギーはどうなの?

さて次は大葉の食物アレルギーについて考えてみましょう。
参考までに政府発表の「アレルギーになりやすい食品一覧」の中には含まれていないため、比較的アレルギーは少ないと思われます。
(参照:消費者庁 アレルギー表示についてより)

ただ、あくまでも「出にくい」というだけで100%大丈夫というわけではありません。
報告例は少ないのですが、大葉のアレルギーは存在しているようです。

症状的にみると『口腔アレルギー症候群』といって、食べている最中や食後に口まわりなどが赤く腫れる場合があります。

赤ちゃんの体質や食事量によっては全身に蕁麻疹(じんましん)が出たり、稀にアナフィラキシーショックで呼吸困難や痙攣(けいれん)に陥るケースもあります。

このようなアレルギー反応には

  • 即時性・・・食後すぐ~30分以内に
  • 遅延性・・・食後数時間~数日経ってから

症状が出るといった2つのケースがあります。
即時性の方では原因が分かりやすいのですが、遅延性となると「どの食品でアレルギーが出ているのか判断しにくい」ということが起きます。

もし赤ちゃんに大葉を食べさせていて、口周りや身体に違和感を感じた場合には食事を中断させて様子を見ましょう。

しばらくしても症状が治まらない場合には小児科か、近くにあればアレルギー科を受診された方が無難です。

気になる方には、採血不要で検査ができる「パッチテスト」などがおススメです。

また、大葉はシソ科の野菜に分類されています。
同じ科の仲間としては

  • 赤紫蘇(あかじそ)
  • バジル
  • セージ
  • ミント

などなど、ハーブを中心とした野菜があります。
もし大葉でアレルギーが確認された場合には、これらの野菜やハーブにも注意が必要です。

そもそも大葉は離乳食に向いているの?

ここでは大葉の特徴をもう少し詳しく説明して、離乳食に適しているのかどうかを検証していきます。

まずは栄養面として大葉にはビタミンKが非常に多く、次いでビタミンA、E、葉酸などが豊富に含まれています。
ビタミンKの主な効能としては

  • 血液をサラサラにする
  • 出血時に血液の凝固(止血)を助ける
  • 血液成分のバランスを正常に保つ
  • 骨からのカルシウム流出を防ぐ

という具合に、赤ちゃんにとって大切な血と骨の健康に大きく関わっています。
他にはモリブデンというミネラルも豊富で、こちらも貧血などの予防といった血液に関係する成分が含まれています。

また、便秘の解消や予防に役立つ食物繊維は、大葉100グラムに対して7.3グラムと葉物としては実に多く含まれています。
便秘が気になる赤ちゃんには、うまく離乳食に取り入れてあげましょう。

スポンサードリンク





それから大葉の本来の旬(=季節)としては6月~9月頃ですが、ハウス栽培によってほぼ1年中手に入れることが可能です。

このように栄養成分的に申し分なく、一年を通じて比較的安価で入手できる大葉は離乳食に向いているといえます。

ただ、上の項目でも書きましたが「独特の風味」があるため、苦手とする赤ちゃんがやや多いのも事実です。
どうしても食べなくてはならない訳ではありませんので、本人が嫌がらなければ積極的に食べさせてあげましょう。

参考までに、こんな青汁がありましたので紹介しておきますね。

【完全無添加】保育園でも採用!GREEN MILK(グリーンミルク)

このグリーンミルクの特徴はたくさんあるのですが・・・まず、青汁なのに良い意味で全然青汁らしくありません。
とにかく飲みやすいという一言に尽きます。

これまでの青汁というと「青臭い・苦い・むせる」といった、飲みにくいイメージが定着していました。

しかしながら私も実際にこれを飲んでみたところ、予想をはるかに上回る飲みやすさでした。
私の娘もまるで大好きなジュースを飲むが如く、毎日ゴクゴクと飲んでいます。

特に今回の大葉が苦手で、ビタミンやカルシウム不足が気になる赤ちゃんには試してみる価値があるでしょう。

また、このグリーンミルクは赤ちゃんや子供だけでなく、私たち大人が飲んでも全く問題ないのです。
むしろ産後や授乳中のママさんにもおススメの1杯となっています。

まとめと私の体験談

このように今回は身近にある大葉について色々と調べてきました。
そこまで大きな注意点は見つかりませんでしたが、ポイントだけでも押さえておいて損は無いように思われます。

では最後にまとめとして

赤ちゃんに大葉(しそ)は?
  • 生後7~8ヶ月頃の離乳食中期から
  • 茹でて刻んでおかゆやお焼きに混ぜて
  • アレルギーは出にくいが可能性はある
  • 念のため最初はスプーン1さじから
  • 独特の「苦味・風味」を嫌がる場合もある

といったところでしょうか。

参考までに先日、私の娘(1歳3ヶ月)に刻んだ大葉入りの豆腐ハンバーグを与えてみました。
得意の「掴み食べ」ができて大好物のハンバーグですので、間違いなく食べてくれるものと思っていました。

ところが口に入れてもぐもぐしていたと思いきや、「大葉だけ」飲み込まずに口から出してしまいました・・・。

どうも刻んだ大葉が少し大きくて、口の中に残ってしまったようです。
次回はさらに細かく刻むか、ペーストにしてハンバーグに練り込もうと思います。

皆さんの赤ちゃんには、無事に問題なく大葉が食べられるように願っています!

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA