赤ちゃんにホッケはいつから?離乳食やアレルギーは?


大ぶりの身で開きやみりん干しが美味しいホッケですが、赤ちゃんの離乳食としてはどうなのでしょうか?

先日スーパーの魚売り場にて大きなホッケの開きを見かけ、ふとこんな疑問が浮かんできました。

  • 赤ちゃんにホッケはいつ頃から大丈夫?
  • アレルギーの心配はどうだろうか?
  • そもそも離乳食には向いているの?

などなど・・・私の娘(1歳過ぎ)もだんだん大きくなってきて、食べられる食材も増えてきました。
しかしながら魚介類に関してはこれまであまり食べさせてなく、よく分からない点もありましたので今回調査してきました。

今日はそんな私と同じような疑問をお持ちの方のためにも、調べたことを色々紹介していきたいと思います。
毎日の育児でお忙しい皆さんの手助けになれば幸いです。

スポンサードリンク




赤ちゃんにホッケはいつ頃から大丈夫?

まずは気になるホッケの開始時期から見ていきましょう。
私の調べた離乳食サイトによりますと、ホッケは基本的に生後7~8ヶ月頃の離乳食中期から少しずつ与えても大丈夫と出ていました。

8146533fa1623a41475f2330dfe61669_s

というのも、食用になる魚は「身の色」によって基本的に3種類に分類されます。
そしてそれぞれにおいて、赤ちゃんに与え始めるのに好ましい時期が違っています。

具体的に書き表しますと

  • 白身魚(しろみざかな)・・・生後5~6ヶ月頃の離乳食初期から
  • 赤身魚(あかみざかな)・・・生後7~8ヶ月頃の離乳食中期から
  • 青魚(あおざかな)・・・・・生後9~10ヶ月頃の離乳食後期から

というように赤ちゃんに魚を食べさせる場合には、まず鯛やカレイのような白身のものからがおススメです。
それは赤身の魚よりも脂肪分が少なく、味にクセがなくて食べさせやすいという特徴があるからです。

また、この順番は後の項目でも紹介しますが、アレルギーの出やすさとも関係があります。

今回のホッケは白身魚の仲間ですが、やや脂肪分が多いという点から初期よりも中期頃からが良いという意見が多いようでした。

ちなみに市場に出回っているホッケの種類には

  • マホッケ・・・・・近年では漁獲量が減って価格が高騰気味
  • キタノホッケ・・・燻製やみりん干しなどに多い
    (シマホッケ)

の2種類が主とされています。
北海道などでは「生のホッケ」が売られているそうですが、もともと鮮度が落ちやすく加工食品にされやすいとのことです。

スポンサードリンク





ホッケを離乳食として利用するには?

では次に、ホッケの調理方法を見ていきましょう。
季節や地域によっても様々な食べ方があり、一例だけでも

  • 開き
  • 燻製
  • みりん干し
  • フライ
  • 煮付け

などがあります。

ただ上記のものは大人向けになっているものが多く、小さな赤ちゃんが食べられそうなものは限られています。
たとえば燻製は身が固かったり、みりん干しは味の濃さが気になります。

上の項目でも少し触れましたが、フライや煮付けは「新鮮な生のホッケ」が必要となります。

そこで赤ちゃんの離乳食におススメしたいのが、ホッケの開きを茹でてほぐしておかゆに混ぜた「ホッケ粥」です。

ホッケの開きを茹でることで余計な塩分や脂分を取り除くことができますし、適度に柔らかくすることも可能です。

茹でるのが済んだらお箸で身を細かくほぐしながら、皮と小骨をしっかりと取り除きましょう。
赤ちゃんの喉はまだまだ細く、ホッケの小さな骨でさえ引っかかってしまう可能性があります。

余ったホッケを保存しておくには?

ちなみに、先に挙げた加熱調理済みのホッケは冷凍保存が可能になります。
時間がない時の「おかず」としても便利ですので、下のような容器を試してみてはいかがでしょうか。

【楽天】シリコン製小分け保存容器

この容器は冷凍庫や電子レンジをはじめ、食洗機に入れて洗うのもOKという優れモノです。

魚介類以外にも大根や人参といった茹でるのに時間がかかる根菜などを小分けし、冷凍しておくのにも役立ちます。
容器自体が平べったい形になっていますので、冷凍庫の中でそれほど場所を取らないというメリットもあります。

ホッケを生で食べさせるのはNG?

まず、ホッケは傷みが早いため基本的には生食や刺身に向いていないようです。

そもそも赤ちゃんの胃腸は私たちと比べてまだまだ弱く、消化能力的にも生魚は控えた方が良いという考えが一般的です。

加えて生のホッケには、アニサキス旋尾線虫(せんびせんちゅう)といった寄生虫が付いている場合があります。

この寄生虫が胃の中に入ると激しい腹痛や下痢、嘔吐などの食中毒症状を引き起こします。

対処法として十分な加熱調理をするか、マイナス30℃以下で4日間以上冷凍することでこれらの寄生虫は死滅すると言われています。
(ただし一般家庭用の冷凍庫ではマイナス30℃以下に冷凍させることが難しいため、加熱による食中毒予防が無難です)

また、加熱した食材よりも生の方がアレルギーが出やすく、低年齢であるほど発症の可能性が高まるとされています。

赤ちゃんの離乳食に利用するホッケは十分に加熱をして、生焼け・生煮えにならないように気を付けましょう。

スポンサードリンク





ホッケによるアレルギーの心配は?

上の項目でも少し触れましたが、ここではホッケのアレルギーについて説明します。

政府発表の資料によると、最もアレルギーが起こりやすいとされている27品目(そのうち魚介類は7品目)には含まれていません。
(参照:消費者庁 アレルギー表示についてより)

ただし、どんな食材でも100%大丈夫というわけではなく、魚介類アレルギーという形での注意は必要です。

症状的には『口腔アレルギー症候群』といって、食事中や食後に口の周辺や舌、唇が赤く腫れたりする場合があります。

その他にも

  • 手足、身体の蕁麻疹(じんましん)
  • 目のかゆみや充血
  • 鼻水
  • 喉の痛みや腫れ
  • 喘息
  • 下痢や嘔吐

というように、中には「花粉症」や「食中毒」に類似する症状が出る場合もあります。
念のため食後1時間くらいは赤ちゃんの口周りや、お腹の調子に変化が無いかチェックしておきましょう。

もしも、ホッケで赤ちゃんに何らかのアレルギー反応が出た場合には、

  • サバ
  • サケ(鮭)
  • カニ
  • エビ
  • イカ

などでも同様のアレルギーが出る可能性があるため、食べさせる際には注意が必要です。

また、今回のホッケに限らず初めての食材を赤ちゃんに食べさせるのは「平日の午前中が良い」といわれています。

それは、もし重大なアレルギー反応などが出た場合すぐに病院に駆け込めるからです。
これが土日祝日の夕方以降でしたら、診てもらえる病院を探すのが大変になります。
赤ちゃんの万が一に備えておくという意味でも、頭に入れておきましょう。

気になる方には小児科やアレルギー科で、パッチテスト(採血不要)などの検査をしてもらうことをおススメします。

ちなみにネットで色々調べているうちに、小さな子供のかかりやすい病気や日々の健康に関する情報について、詳しく書かれた本を見つけました。

【楽天ブックス】はじめてママ&パパの0〜6才病気とホームケア

病院に行くかどうか迷ったり、こんな時にはどうしたら?というような身近な疑問の解決に役立つ内容となっています。

また、私自身も愛読していますが子育て全般に関する「育児本」として、このシリーズが分かりやすくておススメです。

【楽天ブックス】子育てハッピーアドバイス 明橋大二 著 / 太田知子 イラスト

文字ばかりではなく、可愛らしいイラストや4コマ漫画が随所にありますので、気軽に読み進めることができます。

ご自身で読まれる以外に、初めてお子さんが生まれたご家庭へのプレゼントとしても喜ばれることでしょう。

スポンサードリンク





そもそもホッケは離乳食に向いているの?

ここではホッケの栄養面などから、赤ちゃんの離乳食に適しているかどうかを検証していきます。

ホッケは高タンパクで、同時に脂肪分とカロリーもやや高めとなっています。

主な栄養成分としては

  • ビタミンB1、B2、B6、B12
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • カリウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛

などが豊富に含まれています。
そしてこのホッケに含まれるビタミン類は、野菜などから摂取されにくいものが多いのです。

さらに近年では

  • エイコサペンタエン酸(EPA) ・・・血液の流れを良くする
  • ドコサヘキサエン酸(DHA)・・・・脳細胞を活性化させる

といった健康に役立つ必須脂肪酸にも注目が集まっています。

ただし、大量に食べればそれで良いという訳ではありません。
どんなに健康に良いと言われる食材でも、限度を超えれば消化不良で下痢を引き起こしたりします。

お米や野菜、肉類などと合わせてバランスの取れた食事を心掛けることが、赤ちゃんの健康に繋がっていきます。

ちなみにホッケが特に美味しい季節(旬)は7月~11月頃とされていますが、近年ではほぼ一年中市場に出回っています。

優れた栄養面としっかり加熱すれば食べさせやすいという点から、ホッケは離乳食向きと言えるでしょう。

まとめと私の体験談

このように今回はホッケの開始時期や、アレルギーについて調べてきました。
他の魚と同様に注意点がいくつか出てきましたので、ポイントだけでも押さえておきましょう。

では最後にまとめとなりますが

赤ちゃんにホッケは?
  • 生後7~8ヶ月の離乳食中期頃から
  • しっかりと加熱調理をして
  • 小骨と皮は十分に取り除き
  • はじめは少量で様子を見ながら
  • アレルギーは出にくいが念のため注意を

といったところでしょうか。
参考までに、私の娘(1歳過ぎ)にもホッケの開きを柔らかく茹でて食べさせてみました。
すでにおかゆは卒業していましたので、軟飯にまぶして「ホッケ飯」となりましたが普通に食べてくれました。

食後のアレルギーや消化も特に問題ありませんでしたので、今後のメニューの仲間入りを果たすことができました。

皆さんの赤ちゃんにも、美味しいホッケが無理なく食べられるように願っています!

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA