赤ちゃんにあんこう鍋はいつから?離乳食やアレルギーは?


主にお鍋や珍味としての肝(きも)で有名なアンコウ(鮟鱇)ですが、赤ちゃんの離乳食としてはどうなのでしょうか?

先日うちでアンコウ鍋をすることになりましたが、1歳になる娘に食べさせるべきかどうかでこんな議論になりました。

  • 赤ちゃんにアンコウはいつ頃からOK?
  • アレルギーが出たりしないだろうか?
  • そもそも離乳食にしても大丈夫?

などなど・・・普通の魚に関しては一通り食べられますが、アンコウのような深海魚はまだ試したことがありません。

今日はそんな私と同じように考えておられる方々のためにも、色々調べた結果を紹介していきたいと思います。
毎日育児でお忙しい皆さんにとって、知識の足しになれば幸いです。

スポンサードリンク




赤ちゃんにアンコウはいつ頃から大丈夫?

まずはメインの具材となるアンコウの開始時期から見ていきましょう。
私の調べた離乳食サイトでは、厳密に「〇歳からOK」とはっきり記載されていませんでした。

そのため類似する他の魚(タラなど)との比較になりますが、アンコウは生後5~6ヶ月頃の離乳食初期から与えても大丈夫と思われます。
(後述しますが、部位によって向き不向きがあります)

b505df1681498b766c39219f4985e047_s
(参考画像:アンコウ鍋)

というのも、食用になる魚は「身の色」によって基本的に3種類に分類されます。
そしてそれぞれにおいて、赤ちゃんに与え始めるのに好ましい時期が違っています。

具体的に書き表しますと

  • 白身魚(しろみざかな)・・・生後5~6ヶ月頃の離乳食初期から
  • 赤身魚(あかみざかな)・・・生後7~8ヶ月頃の離乳食中期から
  • 青魚(あおざかな)・・・・・生後9~10ヶ月頃の離乳食後期から

というように赤ちゃんに魚を食べさせる場合には、まず鯛やヒラメといった白身で淡白なものからがおススメです。
それは赤身の魚よりも脂肪分やクセが少なく、食べさせやすいという特徴があるからです。

アンコウの外見はとてもグロテスクで一見「怪物」のようですが、その身は白身であっさりとした味わいが人気の理由にもなっています。

また、この開始時期による順番は後の項目でも紹介しますが、アレルギーの出やすさとも関係があります。

ちなみに国内で流通している食用のアンコウには

  • アンコウ(アンコウ科)
  • キアンコウ(アンコウ科)
  • ミドリフサアンコウ(フサアンコウ科)

などが知られているほか、全国各地で特有の名称もあります。
(アゴ、アンコ、アファー、アンコモチ、クツアンコオ、ミズアンコウ・・・等)

「アンコモチ」は何だか可愛い呼び名ですね。

スポンサードリンク





アンコウを離乳食として食べさせるには?

では次に、アンコウの調理方法を見ていきましょう。
地域によっても色々な食べ方がありますが、代表的なものとして

  • アンコウ鍋
  • どぶ汁
  • 味噌汁
  • すまし汁
  • アン肝ポン酢
  • から揚げ
  • 煮付け

などがあります。

ただ上記の中で、小さな赤ちゃんでも食べられそうなものは限られています。
無難なところではアンコウ鍋からの「取り分け」になりますが、ここでも少し注意点があります。

というのも、アンコウは捨てる部分がほとんど無いと言われている魚です。
その食べられる部分は

  • ヤナギ・・・「身」
  • カワ・・・・「皮」
  • 水袋・・・・「胃」
  • 肝・・・・・「肝臓」
  • ヌノ・・・・「卵巣」
  • エラ・・・・「鰓」
  • トモ・・・・「ヒレ」

というように大きく7つに分けられているため、「アンコウの7つ道具」と呼ばれています。

上記の部位の中で、小さな赤ちゃんには「身の部分」だけを細かくほぐしておかゆなどに混ぜるのがおススメです。
小骨については、食べさせる前に注意深く取り除いておきましょう。

ちなみにエラの部分はやや臭みが残っていたり、肝(アンキモ)はカロリーの高さが気になります。
食べさせる場合には少量に留めておいた方が良いと思われます。

アンコウの身を保存しておくには?

ちなみに先に挙げた加熱済みのアンコウは、冷凍保存が可能になります。
もちろん離乳食だけでなく私たちの食材としても使えますので、下のような容器を試してみてはいかがでしょうか。

【楽天】シリコン製小分け保存容器

この容器は冷凍庫や電子レンジをはじめ、食洗機に入れて洗うのもOKという優れモノです。

魚介類以外にも大根や人参といった茹でるのに時間がかかる根菜などを小分けし、冷凍しておくのにも役立ちます。
容器自体が平べったい形になっていますので、冷凍庫の中でそれほど場所を取らないというメリットもあります。

生のアンコウを食べさせるのはNG?

アンコウは鍋物が主流とされていますが、特に新鮮なものは「刺身」としても好まれています。

ただし、小さな赤ちゃんに生魚は控えた方が無難という考えが一般的です。

消化能力以前にアンコウの刺身は弾力があり、まだ歯の生え揃っていない赤ちゃんにとって噛み切るのは困難でしょう。
噛まずに飲み込んで喉に詰まっても大変です。

さらに生状態のアンコウの肝には、アニサキスという寄生虫が付いている場合があります。
この寄生虫が胃の中に入ると激しい腹痛や下痢、嘔吐などの食中毒症状を引き起こします。
対処法としては十分に加熱調理をするか、24時間以上の冷凍(マイナス20℃以下)でアニサキスは死滅すると言われています。

スポンサードリンク





また、加熱した食材よりも生の方がアレルギーが出やすく、低年齢であるほど発症の可能性が高まるとされています。

赤ちゃんに食べさせるアンコウは部位を問わず十分に火を通し、生焼け・生煮えにならないよう気を付けましょう。

アンコウにもアレルギーがあるの?

上の項目でも少し触れましたが、ここではアンコウのアレルギーについて説明します。

政府発表の資料によると、最もアレルギーが起こりやすいとされている27品目(そのうち魚介類は7品目)には含まれていません。
(参照:消費者庁 アレルギー表示についてより)

しかしながら100%大丈夫というわけではなく、アンコウのように白身で淡泊な魚であってもアレルギーの事例が存在します。

一般的に起こりやすい症状は『口腔アレルギー症候群』と呼ばれ、食事中や直後に口の周辺や舌、唇が赤く腫れたりする場合があります。

その他にも

  • 手足、身体の蕁麻疹(じんましん)
  • 目のかゆみや充血
  • 鼻水
  • 喉の痛みや腫れ
  • 喘息
  • 下痢や嘔吐

というように、中には「花粉症」や「食中毒」に類似する症状が出る場合もあります。
念のため食後1時間くらいは赤ちゃんの口周りや、お腹の調子に変化が無いかチェックしておきましょう。

赤ちゃんをアレルギーから守るには?

もし赤ちゃんにアンコウを食べさせていて、何らかのアレルギー反応が出た場合には

  • サバ
  • マグロ
  • カツオ
  • ハマチ

といった他の魚でも同様のアレルギーが出る可能性があるため、食べさせる際には注意が必要です。

また、魚類に限らず初めての食材を赤ちゃんに食べさせるのは「平日の午前中が良い」といわれています。

それは、もし重大なアレルギー反応などが出た場合すぐに病院に駆け込めるからです。
これが土日祝日の夕方以降でしたら、診てもらえる病院を探すのが大変になります。
つい忘れがちになりますが、連休中や旅行先での食事などにも注意が必要です。

気になる方には小児科やアレルギー科で、パッチテスト(採血不要)などの検査をしてもらうことをおススメします。

ちなみにネットで色々調べているうちに、小さな子供のかかりやすい病気や日々の健康に関する情報について、詳しく書かれた本を見つけました。

【楽天ブックス】はじめてママ&パパの0〜6才病気とホームケア

病院に行くかどうか迷ったり、こんな時にはどうしたら?というような身近な疑問の解決に役立つ内容となっています。

また、私自身も愛読していますが子育て全般に関する「育児本」として、このシリーズが分かりやすくておススメです。

【楽天ブックス】子育てハッピーアドバイス 明橋大二 著 / 太田知子 イラスト

文字ばかりではなく、可愛らしいイラストや4コマ漫画が随所にありますので、気軽に読み進めることができます。

ご自身で読まれる以外に、初めてお子さんが生まれたご家庭へのプレゼントとしても喜ばれることでしょう。

スポンサードリンク





そもそもアンコウは離乳食に向いているの?

ここではアンコウの栄養面などから、赤ちゃんの離乳食に適しているかどうかを検証していきます。

アンコウの「身」は高タンパク・低脂肪・低カロリーな食材となっています。

主な栄養成分としては

  • ビタミンB2、B6、B12
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ナイアシン
  • マグネシウム
  • リン

などが豊富に含まれています。
それからこのアンコウのような魚類に含まれるビタミン類は、野菜などから摂取されにくいものが多いのです。

ただし、大量に食べればそれで良いという訳ではありません。
どんなに健康に良いと言われる食材でも、限度を超えれば消化不良で下痢を引き起こしたりします。

お米や野菜、肉類などと合わせてバランスの取れた食事を心掛けることが、赤ちゃんの健康に繋がっていきます。

ちなみにアンコウの美味しい季節としては、やはり12月~2月の冬場となっています。

優れた栄養面と白身で食べさせやすいという点からも、アンコウは離乳食に向いていると言えるでしょう。
(繰り返しになりますが「身」の部分が無難です)

まとめと私の体験談

このように今回はアンコウの開始時期や、アレルギーについて調べてきました。
他の魚と同様に注意点がいくつか出てきましたので、ポイントだけでも押さえておきましょう。

では最後にまとめとなりますが

赤ちゃんにアンコウ(鮟鱇)は?
  • 生後5~6ヶ月の離乳食初期頃から
  • 7つ道具の中では「身」の部分がおススメ
  • 加熱調理してから小骨を取り除き
  • はじめは少量から様子を見て
  • 食後のアレルギーにも気を付けて

といったところでしょうか。
冒頭の続きになりますが、私の娘(1歳)にもアンコウ鍋から身の部分を取り分けて試してみました。

小骨を取りつつ細かくほぐしておかゆに混ぜたところ、少しずつですがちゃんと食べてくれました。
食後のアレルギーも特に出ず、家族で同じお鍋を楽しめたことに喜びを感じています。

皆さんのご家庭でも、赤ちゃんと一緒に美味しいアンコウが食べられますように!

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA