赤ちゃんにパセリはいつから?離乳食やアレルギーには?


それ自体をメインで食べるというよりは「風味付け」や「見栄え」として利用されているパセリですが、赤ちゃんの離乳食にはどうなのでしょうか。

先日揚げ物の付け合わせに付いているパセリを、私の娘(1歳過ぎ)が手に取って口に入れてしまいました。
美味しくなかったのかすぐに口から出してしまいましたが、ふとこんな疑問が浮かんできました。

  • 赤ちゃんにパセリはいつから?
  • アレルギーが出たりしないだろうか?
  • そもそも離乳食には必要といえるの?

などなど・・・これまで特に気にもしていなかったパセリですが、赤ちゃんの口に入るとなると少し心配になります。

私自身もちゃんと分かっていないことが多いため、この際色々と調べてみることにしました。
同じように育児中の皆さんとも、役立つ情報を共有できれば幸いです。

スポンサードリンク




赤ちゃんにパセリはいつからOK?

まずはじめにパセリの開始時期に注目してみましょう。
私の調べた離乳食サイトによりますと、パセリは一般的に生後9~10ヶ月の離乳食後期頃から食べさせても大丈夫とありました。

3d07f6b728290b4d1fd170a2ecf82842_s

ただし皆さんご存知のとおり、パセリはミントやバジルといったハーブ(香草)の仲間となります。
独特の苦味や渋味に加えて、あの「チリチリ」「モシャモシャ」した食感が苦手という人も多いのではないでしょうか。

冒頭でも書きましたがパセリはあくまでも飾り的な食材であり、率先して食べるものではないという意見もあります。

うちの娘のようにそのまま口に入れても飲み込みにくいため、ほとんどの赤ちゃんは飲み込まずに吐き出してしまうことが予測されます。

パセリを離乳食に利用するには?

それでも食べさせてみたいという方のために調理方法も紹介しておきます。
パセリは基本的に生でも食べられますが、小さな赤ちゃんには念のため加熱してから与える方が無難と思われます。

後述するアレルギーの心配もありますし、消化の面においては生よりも加熱した方がお腹に優しいと言われています。

加熱の方法としては、さっと茹でてから細かく刻み

  • おかゆ
  • うどん
  • ポテトサラダ
  • 豆腐

などに混ぜて食べさせてみましょう。

スポンサードリンク





それから

  • パン
  • クッキー
  • グラタン
  • 各種お焼き

などに練り込んで焼くのも風味が出ておススメです。
加えて、野菜スープやポタージュスープの上に振りかけると見栄えや色合いが良くなります。

また、茹でて刻んだパセリは冷凍保存が可能になります。
毎回離乳食の度にお湯を沸かして茹でるには手間がかかります。

そこで、調理の時間短縮にも役立ちそうな便利グッズを見つけました!

【楽天】シリコン製小分け保存容器

これは冷凍や電子レンジだけでなく、食洗機もOKという優れモノです。
パセリも日にちが経つとしなびて風味が落ちたりと、冷蔵庫の中ではあまり長持ちしません。

しばらく使う予定が無かったり痛みが早そうな場合にはとにかく茹でて、刻んだものを冷凍しておくと良いでしょう。

パセリのアレルギーはどうなの?

さて次はパセリの食物アレルギーについて考えてみましょう。
参考までに政府発表の「アレルギーになりやすい食品一覧」の中には含まれていないため、比較的アレルギーは少ないと思われます。
(参照:消費者庁 アレルギー表示についてより)

ただ、あくまでも「出にくい」というだけで100%大丈夫というわけではありません。
アレルギーのサイトを調べてみたところ、パセリアレルギーは存在しているようです。

症状的にみると『口腔アレルギー症候群』といって、食事中や食後に口周りなどが赤く腫れる場合があります。

赤ちゃんの体質や食事量によっては全身に蕁麻疹(じんましん)が出たり、稀にアナフィラキシーショックで呼吸困難や痙攣(けいれん)に陥るケースもあるそうです。

このようなアレルギー反応には

  • 即時性・・・食事中~食後30分以内に
  • 遅延性・・・食後数時間~数日経ってから

症状が出るといった2つのケースがあります。
即時性の方では原因が分かりやすいのですが、遅延性となると「どの食品でアレルギーが出たのか判断しにくい」という問題が起きます。

もし赤ちゃんにパセリを食べさせていて、口周りや身体に違和感を感じた場合には食事を中断させて様子を見ましょう。

しばらくしても症状が治まらない場合には小児科か、近くにあればアレルギー科を受診された方が無難です。

気になる方には、採血不要で検査ができる「パッチテスト」などがおススメです。

スポンサードリンク





パセリの仲間にはどんなものが?

また、パセリはセリ科の野菜に分類されています。
同じ科の仲間には

  • 人参
  • セロリ
  • セリ
  • みつば
  • 明日葉(あしたば)

などの野菜があります。
もしパセリでアレルギーが確認された場合には、これらの野菜にも注意が必要です。

ちなみにネットで色々調べているうちに、小さな子供のかかりやすい病気や日々の健康に関する情報について、詳しく書かれた本を見つけました。

【楽天ブックス】はじめてママ&パパの0〜6才病気とホームケア

病院に行くかどうか迷ったり、こんな時にはどうしたら?というような身近な疑問の解決に役立つ内容となっています。

また、私自身も愛読していますが子育て全般に関する「育児本」として、このシリーズが分かりやすくておススメです。

【楽天ブックス】子育てハッピーアドバイス 明橋大二 著 / 太田知子 イラスト

文字ばかりではなく、可愛らしいイラストや4コマ漫画が随所にありますので、気軽に読み進めることができます。

ご自身で読まれる以外に、初めてお子さんが生まれたご家庭へのプレゼントとしても喜ばれることでしょう。

そもそもパセリは離乳食に向いているの?

ここではパセリの特徴をもう少し詳しく説明して、離乳食に適しているのかどうかを検証していきます。

まずは栄養面としてパセリにはビタミンKが飛び抜けて多く、次いでビタミンA、C、葉酸などが豊富に含まれています。
参考までに、ビタミンKの主な効能としては

  • 血液をサラサラにする
  • 出血時に血液の凝固(止血)を助ける
  • 血液成分のバランスを正常に保つ
  • 骨からのカルシウム流出を防ぐ

という具合に、赤ちゃんにとって大切な血と骨の健康に大きく関わっています。
他にはモリブデンというミネラルも豊富で、こちらも貧血などの予防といった血液に関係する成分が含まれています。

また、便秘の解消や予防に役立つ食物繊維は、パセリ100グラムに対して6.6グラムと非常に多く含まれています。
便秘が気になる赤ちゃんには、うまく離乳食に取り入れてあげたいですね。

それからパセリの旬(=季節)としては真冬を除く3月~11月頃ですが、ハウス栽培によってほぼ1年中入手が可能となっています。

スポンサードリンク





このように栄養成分が高く、一年を通じて比較的安価で手に入るパセリは離乳食向きであると言えます。

ただ、上の項目でも書きましたが「独特の風味」があるため、苦手とする赤ちゃんもいます。
どうしても食べなくてはならない食材ではありませんので、本人が嫌がらなければ少しずつ食べさせてあげましょう。

参考までにこんな青汁を見つけました!

【完全無添加】保育園でも採用!GREEN MILK(グリーンミルク)

このグリーンミルクの特徴はたくさんあるのですが・・・まず、青汁なのに良い意味で全然青汁らしくありません。
とにかく飲みやすいという一言に尽きます。

これまでの青汁というと「青臭い・苦い・むせる」といった、飲みにくいイメージが定着していました。

しかしながら私も実際にこれを飲んでみたところ、予想をはるかに上回る飲みやすさでした。
私の娘もまるで大好きなジュースを飲むが如く、毎日ゴクゴクと飲んでいます。

特に今回のパセリが苦手で、ビタミンやカルシウム不足が気になる赤ちゃんには試してみる価値があるでしょう。

また、このグリーンミルクは赤ちゃんや子供だけでなく、私たち大人が飲んでも全く問題ないのです。
むしろ産後や授乳中のママさんにもおススメの1杯となっています。

まとめと私の体験談

このように今回は、身近にあるパセリについて色々と調べてきました。
そこまで大きな注意点は見つかりませんでしたが、ポイントだけでも押さえておくと良いでしょう。

では最後にまとめとして

赤ちゃんにパセリは?
  • 生後9~10ヶ月頃の離乳食後期から
  • 茹でて刻んでおかゆやうどんに混ぜて
  • アレルギーは出にくいが可能性はゼロではない
  • 念のため最初はスプーン1さじから
  • 独特の苦味や舌触りが合わないことも

といったところでしょうか。

参考までに、うちの娘にも茹でて細かくすり潰したパセリをおかゆに混ぜてみました。
ほんの少量でしたので香りや色合いもほとんどなく、本人は気にせず(気付かず?)普通に食べてくれました。

食後の体調の変化なども特に気にならなかったため、アレルギーや消化も大丈夫な感じでした。
今後はもう少し量を増やして、パンやお焼きに混ぜてみたいと考えています。

皆さんの赤ちゃんにも、パセリが問題なく食べられますように!

スポンサードリンク

こちらの記事も合わせてお読みください

コメントを残す




CAPTCHA